緑仙峡キャンプ場 釣り堀(りょくせんきょうきゃんぷじょう つりぼり)

Googleマップで開く

特徴

清流緑川の水源地にあるキャンプ場内の釣堀。
『フィッシングパーク』として親しまれている。
緑仙峡は熊本市民の避暑地として昔から馴染みがあり、原生林などが生い茂り、秋には紅葉も楽しめるので、春から秋にかけて沢山の人が訪れる。
釣堀は施設の真ん中に作られており、緑川水源の支流を石でせき止めた釣り堀。
ニジマスヤマメ釣りを家族で楽しむことができます。
釣堀なので、自分の釣具の持ち込みは禁止。釣り竿とエサを管理棟で借りる。
釣った魚をリリースすることは出来ない。持ち帰る分だけの釣りを心がけて。
キャンプ場の施設を使って、その場での調理も可能。
釣りだけでなくのんびり休暇を楽しむことができる。

シーズン

春から秋にかけて釣りを楽しめる。
冬は施設自体が開いていない。

釣り方・仕掛け

ニジマス ルアー
ヤマメ ミャク釣りフライフィッシング

ポイント

釣りが釣堀のみ。
緑川での釣りは出来ない。

豆知識

施設内なので、駐車場・トイレに困る事はありません。
食事処などは無いが、下流の青葉の瀬の施設に行けば田舎料理を堪能出来ます。
夏などに釣りをする場合は水遊びの人には注意をしましょう。
施設内を川が流れていますが、釣り場所は守りましょう。
緑川で釣りを楽しみたい方は施設内でなければ、自分の釣具で楽しめます。
釣り以外にも遊歩道なども整備されているので、トレッキングなどのアウトドアも楽しめます。
夏にはヤマメのつかみ取りなどのイベントもあります。

アクセス

熊本市方面から国道445・218号を矢部方面へ進む。
道の駅「清和文楽邑」を通過し、『大川」交差点』を左折。約13km

問い合わせ

現地『ふるさとの家』番号 TEL:0967-82-3224

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。