【釣り場情報】本島 泊港

Googleマップで開く

本島 泊港(丸亀市)

特徴

瀬戸内海の下津井沖に位置し、非常に潮通しがいい。
波止の先端や付け根の捨石、ジョウケンボ鼻の石積みのなど様々なポイントがある。
唯一、定期船(児島観光港発、丸亀発 牛島経由)とフェリー(丸亀発)の着く港である。

魚種

チヌ(クロダイ)、グレ(メジナ)、メバルサヨリ
アイナメカレイニベ(グチ)、スズキ、ベラ(キュウセン)
アオリイカイイダコ

シーズン

春 グレ、メバル、サヨリ、カレイ、アイナメ
夏 グレ、サヨリ、ニベ、ベラ
秋 グレ、サヨリ、ニベ、ベラ、アオリイカ、イイダコ
冬 カレイ、アイナメ、メバル
チヌとスズキは年中狙うことができる。
ニベは夏の夜釣りで40オーバーが数釣りできることがあります。

釣り方

フカセ釣りでチヌ、グレ、サヨリなど。
投げ釣りでチヌ、カレイ、アイナメ、ニベ、スズキ。
探り釣りでメバル、アイナメ。
ルアーでもスズキとメバルは狙える。
アオリイカはエギングで。
イイダコはテンヤで。

ポイント

波止からは様々な釣りができる。
満ち上げは東(瀬戸大橋方面)へ、引きは牛島へ向かって流れる。
満ち上げよりも引きのほうが流れる。
しかし、引き5分をまわるとだんだんと緩んでくるのでそのときがチャンスとなる。
転流時もチャンス。
石積みの先端もフカセ、ルアー(スズキ)、エギングの好ポイント。
波止の付け根からジョウケンボ鼻にかけての石積みではフカセ釣りでチヌとグレ、サヨリ、
ルアーでスズキとメバル、アオリイカが狙える。

その他のマメ知識

定期船の待合室で自転車レンタルをしているので利用して他のポイントに行くことも可能。
波止からの見晴らしは最高で、瀬戸大橋を望みながら釣りができる。
児島観光港発の定期船(ムクジマルホープ)は瀬戸大橋(岩黒島橋)の下を通るので家族での釣行もおすすめ。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。