忍路海岸(おしょろかいがん)

特徴

忍路海岸の竜ヶ崎はカレイ釣りとして非常に有名である。
早春のカワガレイからマガレイスナガレイクロガシラがよく釣れる。
忍路海岸に3つ出岬があり兜岬、ポン忍路、竜ヶ崎である。
兜岬は歩きで入釣できるが、ポン忍路と竜ヶ崎は遊魚船で入釣する。

シーズン

3月~6月。

釣り方・仕掛け

投げ釣りルアー釣りサビキ釣りがメイン。

ポイント

兜岬は忍路漁港から歩いて入釣する。20~50メートルの範囲で根が張りだしているが、
その先はどん深の砂地でマガレイクロガシラホッケの数釣りができる。
ポン忍路は根がおきに張り出されているが、遠投するとどん深の砂地になりカレイ、ホッケが狙える。
竜ヶ崎は足下からそん深で遠投に自信がない人もマガレイの数釣りが期待できる。

豆知識

道道小樽海岸公園線は交通量が多く、道幅が狭いため注意が必要である。

アクセス

蘭島海水浴場からすぐ近く。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。