小樽港(おたるこう)

特徴

札幌近郊の漁港の中で最も魚種が豊富な釣り場で、晩秋にピークを迎えるハゼ釣りはファミリーにも大人気である。
2004年のソーラス条約により立ち入り禁止区域もあるが港内各所に釣り場が存在する。
また釣り期も周年を通してさまざまな魚が釣れる。

シーズン

周年。

釣り方・仕掛け

投げ釣りルアー釣りサビキ釣りがメイン。
ウキ釣りエギングヤリイカマメイカマイカを狙える。

ポイント

南防波堤は外海側で春にはホッケカレイ、夏はヤリイカマイカ、冬はコマイがよく釣れる。
色内ふ頭と北浜岸壁は周年サビキ釣りでが釣れ、投げ釣りハゼがよく釣れる。
北防波堤は外海側でホッケカレイ、夏から秋はウキ釣りエギングヤリイカマメイカマイカが釣れる好ポイント。

豆知識

トイレは色内ふ頭の中にあるので便利である。

アクセス

国道5号を南へ、小樽市周辺の漁港。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。