力昼漁港(りきびるぎょこう)

特徴

力昼漁港はの釣り場として知名度が高い。西防波堤と北防波堤に囲まれて、魚の入
り込みが悪いように思えるが、春と秋にシーズンには爆釣も期待でき、遠方からの釣り人
も多い。

シーズン

真夏と真冬を除き、型には差があるものの、は一年を通して釣れる。
春には、ホッケ秋はサケカジカカワガレイイシモチ 、などの良型を期待できる。

釣り方・仕掛け

港内ではチカの型にばらつきがあるので、仕掛けは10~20センチくらいのどれでも対応で
きるように3号~5号を使用する。

ポイント

南防波堤の基部と西防波堤の港内側が好ポイントとして知られる。投げ釣りの好ポイント
は西防波堤の先端や北防波堤の先端付近で クロガシラマガレイスナガレイ
コマイカジカアブラコなどの数釣りが楽しめる。

豆知識

港内は駐車が禁止されているので、小平町よりの漁港の入り口に駐車すると良い。

アクセス

国道232号沿い。苫前漁港を南へ。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。