【釣り場情報】釣師浜港 沖堤

Googleマップで開く

釣師浜港 沖堤(つるしはまこう おきてい)

特徴

常盤道最北端の港の釣師浜港の港口のすぐ北側に据えられた沖提。
隣にある相馬港にある世紀の渡船店から普通に渡れる場所でありながら
関東のメディアではほとんど紹介されていない穴場。
沖堤はおおよそ全長100m、幅10mのケーソンと北側に150m以上も続くテトラ堤で構成されている。
堤防周りはほぼ砂地なのでときどきのターゲットの寄り場を見極めることが釣果に繋がってくるだろう。

シーズン

春 カレイメバルアイナメクロダイ
夏 カレイメバルイシモチヒラメマゴチクロダイ
秋 カレイメバルアイナメヒラメクロダイ
冬 カレイメバルアイナメ

釣り方・仕掛け

カレイ 投げ釣り、チョイ投げ。
アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー
メバル ウキ釣りヘチ釣り、ミャク釣りサビキ釣りソフトルアー
イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。
ヒラメ 投げ釣り、ブッコミ釣り、ルアー
マゴチ ルアーブッコミ釣り
クロダイ ウキフカセ釣り、ヘチ釣り、ブッコミ釣りウキ釣りカゴ釣り。

コツ

【回遊魚】 夏~秋にかけてサビキ、カゴで狙え小魚が狙える。
【マゴチ】、【ヒラメ】 小魚が回ってくる時はチャンスで50cm超えの大型も期待できる。ややマゴチの方が確率は高い。
【探り釣り】 堤防周りの基礎石周りが主なポイントでソイ、アイナメなどの根魚が狙える。
       北側のテトラ堤は過去に大型のソイが数多く上がっているがテトラが大き目なので慣れが必要となる。
【投げ釣り】 堤防南側の先端部が障害物も少なく釣りやすが船の往来が激しいので道糸沈めは必須となる。
       港口に向かって投げてカケアガリを探るのがセオリーでマコガレイ、イシガレイが期待できる。
【ウキ釣り】 堤防全体で可能だが際でメバル、ウミタナゴ。テトラ帯との境目でクロダイが狙い目となる

豆知識

「釣師」と書いて「つるし」と読み古くから栄えていた漁港で戦国時代の文献にも登場している。
近海で獲れるイシガレイは「釣師ガレイ」として仙台藩の名産にも指定されていた。
現時点ではケーソン周りにテトラは無いが将来的には沖に入れられる予定とのこと。
渡船は相馬港1号埠頭右手の突堤より出航する。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。