【釣り場情報】蒲庭海岸

Googleマップで開く

蒲庭海岸(かばにわかいがん)

特徴

県道から海岸線に向かって小道を下るとなだらかな農耕地が続き、
やがて着くガケとガケに挟まれた小さな砂浜。
こぢんまりとした海岸のわりに磯場、テトラ帯、サーフ、テトラ提とバラエティに富んでいる釣り場。

シーズン

春 クロダイアイナメソイ
夏 クロダイアイナメイシモチ
秋 クロダイアイナメソイ
冬 アイナメソイ

釣り方・仕掛け

クロダイ ウキフカセ釣り、ヘチ釣り、ブッコミ釣りウキ釣りカゴ釣り。
アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー
イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。

ポイント

北東からウネリがある日はテトラ提全体が水を被るので入釣を控えよう。
【磯場】 スロープより砂浜へ降り、テトラ帯伝いに右手へ進むと着く小高い磯場。
     崩れ落ちたガケがそのまま磯になった形で海中にも所々で沈み石が入っている絶好のポイント。
     40cm超えのアイナメ、クロダイ。30cm超えのソイなどが釣れる。
     ただ、海面から高さがあるのでブッコミでしか狙うことができない。
     磯場に続くテトラ帯から竿をだしても良くこちらならウキフカセも可能。
【砂浜】 小さな流れこみがあることからベイトの寄りが良くカレイ、ヒラメを見かける。
     ただ、狙って釣れるほどではなくイシモチを狙うポイントとなる。
【防潮堤】 防潮堤の切れ目付近から突き出したテトラ提はクロダイ狙いの地元の釣り人が時折竿を出している。
      磯場と比べて型は落ちるものの、しばしば好釣果が上がっている。
      ここから北側のガケ下に向かって投げでアイナメ、ソイも狙える。

コツ

【イシモチ】 砂浜と左手に続く侵食防止用のテトラ帯から投げで狙い群れ次第では70~80尾といった大釣りもある。

豆知識

松川浦のやや南で海岸線近くを南北に縫って走る県道74号線沿いにひっそりとたたずむ蒲浦温泉。
観光地というより静養地というほうがしっくりくる集落で戦前のジャーナリストであった
徳富蘇峰が病気療養で訪れたことで知られている。
トイレ、駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。