【釣り場情報】海老浜

Googleマップで開く

海老浜(えびはま)

特徴

真野川・河口より北の平坦な海岸線も1本の松の木が生えた岬につくこの一帯の釣り場。
ここから先に進むと岬を境に岩場となりやがて断崖となって鵜の尾岬へと続く。
釣り場は松の木の岬、松の木の北側に連なる侵食防止のテトラ帯に分かれる。
入釣ルートはそれぞれ異なり直接の行き来はできない。
それほど高さの無い磯場から直接、竿を出せるのでクロダイが人気。
主なターゲットはクロダイ、アイナメ、ソイ、イシモチ、シーバス。

シーズン

春 クロダイイシモチアイナメソイ
夏 クロダイイシモチアイナメシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ。
秋 クロダイアイナメソイシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ。
冬 アイナメソイ

釣り方・仕掛け

クロダイ ウキフカセ釣り、ヘチ釣り、ブッコミ釣りウキ釣りカゴ釣り。
イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。
アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー
シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り電気ウキ
フッコ ルアー投げ釣りウキ釣り
メバル ウキ釣りヘチ釣り、ミャク釣りサビキ釣りソフトルアー
ウミタナゴ ウキ釣りミャク釣りサビキ釣り

ポイント

【松の木】 地元でも有名なクロダイの本命ポイント。岬周りはテトラも無いため周辺では珍しい本格的な磯場。
      ただ、足元は例によって砂岩、入釣経路に細い尾根筋があるため装備は万全にして入りたい。
      定員は1~2名、人気の場所ゆえ休日は先行者が入っていることも多い。
【テトラ提】 護岸したのテトラ帯には2本沖に向かって突き出したテトラ提がある。
       どちらもクロダイが狙え、波や風向きによって南側か北側かを選べる。
       他にウキ、探りでウミタナゴ、メバル、ソイ。投げで砂地を狙って35~40cmのイシモチ。
       根周りを狙えば30~40cmクラスのアイナメもヒットする。

コツ

【クロダイ】 平均サイズは1kg前後で2kg級までなら実績は高い。ナギならウキフカセ、波っ気があればブッコミ。
       ウキフカセの場合は横波に押されないように重めの仕掛けを使うのがコツとなる。

豆知識

南海老地区にあたるので「海老浜」と呼ばれている。
岬へはグランド前より踏み跡を歩いてすぐ。
テトラ帯へはグランドの北側で細い道へと右折し護岸まで直接、車で入ることとなる。
トイレ、駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。