【釣り場情報】福島県新舞子海岸

Googleマップで開く

新舞子海岸(しんまいこかいがん)

特徴

北は四倉の仁井田川河口より南は沼ノ内の骨津川河口までの南北およそ11kmに続く砂浜海岸。
国6道号線からもほど近く県道沿いの駐車スペースもあるため釣り歩くには最適な釣り場。

シーズン

春 イシモチ、ヒラツメガニ。
夏 イシモチシロギスハゼ、ヒラツメガニ。
秋 イシモチシロギスハゼ、ヒラツメガニ。

釣り方・仕掛け

イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。
シロギス 投げ釣り、チョイ投げ。
ハゼ 投げ釣り、チョイ投げ。
ヒラツメガニ カニ網。

ポイント

一帯の海岸には流砂防止と養浜の目的で断続的に海岸線と水平線方向にテトラ帯が入れられている。

コツ

【シロギス】、【イシモチ】 投げではテトラ帯とテトラ帯の隙間から投入することになる。
              常盤の砂浜は波口でウネリが大きく砕ける傾向にあるため
              水際よりも10mほど後方を釣り座とし竿を立てるのが一般的なスタイル。
              夏場のシロギス、初夏~晩秋にかけてのイシモチが狙い目。
              いずれもテトラ帯周りの深みや沖のカケアガリを重点的に攻めることで釣果が伸びる。
【ヒラツメガニ】 夏~秋にかけて最盛期を迎える。カニ網仕掛けを用いて狙う。
         エサは魚の切り身などを放りこんでおけばお土産として確保できるだろう。
【シーバス】、【ヒラメ】 ルアーで朝夕のマヅメ時にテトラ堤周りを手早くチェックしていけば活性の高い魚が反応を見せてくれる。
             夏井田川、仁井田川などの河口周りでは電気ウキでシーバスを狙う地元の釣り人を見かける。
【ハゼ】 河口周りで夏~秋にかけてが狙い目。型も良いので手軽に遊ぶのには最高のターゲットとなる。

豆知識

「いわき七浜」といわれる海水浴場群では最長にあたる。
夏井出よりすこし南へ下ったところには新舞子浜公園や海水浴場などの観光スポットがある。
海岸沿いの県道382号線は交通量が多いので迷惑となる駐車は避けましょう。
トイレ、駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。