【釣り場情報】合磯海岸

Googleマップで開く

合磯海岸(がっそかいがん)

特徴

合磯岬~塩屋岬にかけておよそ2.5kmの海岸線はほぼ砂浜で北よりが豊間海岸、南より合磯海岸となる。
夏以外は閑散としているので魅力的な投げ釣り場となっている。
主なターゲットは夏~秋にかけてのイシモチ、シロギス。ほぼ周年狙えるのはカレイ、アイナメ。

シーズン

春 カレイアイナメ
夏 イシモチシロギス
秋 イシモチカレイアイナメ
冬 カレイアイナメ

釣り方・仕掛け

イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。
シロギス 投げ釣り、チョイ投げ。
カレイ 投げ釣り、チョイ投げ。
アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー

ポイント

全般的に浅瀬で中程で流入する小河川と合磯岬寄りの沖合にちょっとした岩場ある。
しかし、他はほぼフラットな砂地なのでポイントを特定することは難しい。
その時々の潮流や波によって形成されるカケアガリ、ヨブを探すのが攻略のカギとなる。

コツ

いずれの魚を狙うにしても遠浅の海岸なのでできるだけ遠投して広範囲を探っていきたい。
【イシモチ】、【シロギス】 両方狙える砂浜の場合、潮の濁りぐらいによってターゲットが変わる。
              澄み潮ならシロギス、濁り潮ならイシモチ。
              シロギスは年にもよるがピンギス~18cmクラスまでが数釣れることもあるという。
              同じ吹き流しタイプの仕掛けを使うにしても狙う魚によって針のサイズを変えるだけで釣果が変わる。
              エサはアオイソメなどのイソメ類があれば事足りる。
              ただ、特に大型のイシモチに狙いを絞りたければサンマ、サバなどの身エサも用意しておきたい。
【アイナメ】、【カレイ】 合磯岬寄りの根が点在する二見ヶ浦あたりがポイント。特に冬~春にかけてが良型のチャンス。
【カニ】 網仕掛けを放りこんでおけばお土産は確保できる。

豆知識

いずれも夏場のシーズン中は海水浴客で混み合う場所だが県道から離れているせいかそれ以外の時期は閑散としている。
駐車場(夏季有料500円)あり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。