【釣り場情報】中之作港 沖堤

Googleマップで開く

中之作港 沖堤(なかのさくこう おきてい)

特徴

中之作港を覆う形で2本の沖提があり、その内現時点では渡船ができるのは沖側の一文字堤のみである。
龍ヶ崎より沖へと続く岩礁帯の上に築かれた堤防なので周囲の水深は全般的に浅い。
小名浜側では5~6m、江名に向かって100mのラインでも10~12mぐらいである。

シーズン

春 アイナメカレイクロダイメバル
夏 アイナメクロダイイシモチ
秋 アイナメカレイクロダイイシモチ
冬 アイナメカレイ

釣り方・仕掛け

アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー
カレイ 投げ釣り、チョイ投げ。
クロダイ ウキフカセ釣り、ヘチ釣り、ブッコミ釣りウキ釣りカゴ釣り。
メバル ウキ釣りヘチ釣り、ミャク釣りサビキ釣りソフトルアー
イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。

コツ

【カレイ】、【アイナメ】 水温の高い時期は沖の深みにたまっており、水温が下がってくると動き出す。
             アイナメは小名浜側の浅い岩礁、カレイは港内の船道へと入る傾向にある。
             時期ごとにポイントを見極めることでほぼ周年釣果を出せるターゲット。
             まれにだがナメタガレイも顔を見せる。
【クロダイ】 ウキフカセでテトラ帯か堤防の先端部を狙う。6~7月と関東よりはだいぶ遅れる。
       しかし、乗っ込みの最盛期には40cm超えの釣果も聞く。
       外道でメバル、ウミタナゴも掛かってくるので楽しんで狙えるターゲット。
【イシモチ】 盛夏~初冬にかけては港の内側の船道と江名方向に向けて狙う。
       砂泥となっているポイントを探って行くのがコツ。
【イナダ】 年によって夏~秋にかけて一時期に先端部外側での回遊がみられる。
【ヒラメ】 冬場に生きエサを泳がせて狙ってみよう。

豆知識

沖提の全長は750mのケーソンと西側に堤防から折れ曲がった形で続くテトラ堤からなる。
ケーソン周りは内側、外側ともにテトラはない。
トイレ、駐車スペースなし。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。