【釣り場情報】八郎潟調整池

Googleマップで開く

八郎潟調整池

※写真のシーズンは6月

特徴

秋田県東部、男鹿半島の付け根に位置する湖。
干拓により大部分が陸地化され現在の姿となった。
かつては海とつながった汽水湖だったが、水門によって切り離され現在は淡水湖となっている。

釣れる魚

ブラックバス、ライギョ、ナマズヘラブナ

ポイント

【バス】
A ゴロタ場のためラインがこすれ易いので注意が必要。
B 根掛かりしやすいが比較的競争率の低いポイント。
C 水温が上昇しやすく早春から釣果が期待できる。
D 左右の川の中にもバスの魚影が確認できる。
E 大型の実績の高い好ポイント。

その他のマメ知識

八郎潟の名称は三湖伝説に由来するとも言われている。

アクセス

秋田自動車道・昭和男鹿半島ICから国道7号線を能代方面へ。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。