相馬港(そうまこう)

特徴

南北の防波堤と5つの埠頭、沖提によって構成されており、福島県では小名浜港に次ぐ大型の港。
釣りが可能なのは【南防波堤】、南防波堤に付随する【釣り桟橋】、【沖提】、地蔵川河口と北側の【小突堤】のみとなる。
しかし、釣り場としての魅力は十分で地回り、沖提とも40~50cm級のカレイが望める。
他には港内でアイナメ、ソイといった根魚が濃い。沖提では夏~秋にかけてヒラマサ、カンパチの回遊も見られる。

シーズン

春 カレイアイナメソイ
夏 カレイアイナメソイヒラマサ
秋 カレイアイナメソイ
冬 カレイアイナメソイ

釣り方・仕掛け

カレイ 投げ釣り、チョイ投げ。
アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー
クロダイ ウキフカセ釣り、ヘチ釣り、ブッコミ釣りウキ釣りカゴ釣り。
シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り電気ウキ
フッコ ルアー投げ釣りウキ釣り
カンパチ カゴ釣り、ルアー

ポイント

【南防波堤】 メインターゲットはカレイで特に付け根付近にある小堤防の実績が高い。
       数こそとなりの松川浦港に負けるが型は望めるポイントとなっており専門に通う釣り人も多い。
【釣り桟橋】 浅いうえ潮が澄むと海底まで丸見えで一見魚が少なそうに思える。
       しかし基礎石、人工磯、カケアガリなど豊富なストラクチャーのおかげでアイナメ、ソイなどが釣れる。
       夏場にはアジが回ってくることもある。
【小突堤】 北側にある小突堤では良型のアイナメの穴場となっている、夏にはシーバス、クロダイもでる。
【沖提】 内側でカレイ。内外の基礎石やテトラ周りでアイナメ。外側で回遊魚が狙える。
     回遊魚はカゴで狙うのが一般的でときに10kgのヒラマサがヒットする。

コツ

沖提で大型狙いならそれなりのタックルを組み、ハリスも10号以上を用意しておいたほうがいい。

豆知識

相馬港は周辺のみならず宮城県や山形県南といった広域経済圏を支える玄関口にあたる。
渡船は松川浦港より出航する。
トイレ、駐車場あり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。