松川浦港(まつかわうらこう)

特徴

松川浦と外海をつなぐ水路の内側にある港。
長い砂洲によって外海の荒波から守られているため常盤では珍しく足場の低い港でテトラもない。
港は北側(陸地側)の岸壁とそれを覆うように造られた長い南防波堤から構成されている。
どこからでも竿出しが可能だが小型の係留船が多いので仕掛けを引っ掛け無いようにしよう。
主なターゲットはハゼ、カレイアイナメ、ソイ、セイゴ、フッコなど多彩なターゲットが揃う。
大きな干潟である松川浦は相馬周辺の魚のゆりかご的な存在、ただ外海の釣り場と比べて型は落ちてしまう。

シーズン

春 ハゼカレイ、フッコ、セイゴ。
夏 ハゼアナゴ、フッコ、セイゴ。
秋 ハゼカレイ
冬 ハゼカレイ

釣り方・仕掛け

カレイ 投げ釣り、チョイ投げ。
ハゼ 投げ釣り、チョイ投げ。
フッコ ルアー投げ釣りウキ釣り
アナゴ 投げ釣り、チョイ投げ。(夜釣りが有利)
アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー

コツ

【ハゼ】 港の内外どこでも釣れるが南堤防の外側の深みが特に良く、水温が下がる秋には良型の落ちハゼが集まる。
     チョイ投げで20cm超えも釣れるというからファンにはたまらないポイントとなっている。
【アナゴ】 夏場の夜釣りがおすすめ。汽水域という立地上、ウナギまじりで楽しめる。
      ポイントとしては魚市場前の水路筋が良いが流れが速いので重めのオモリで仕掛けを安定させる必要がある。
【カレイ】 魚市場前、南堤防の先端で中小型の数釣りが楽しめ、ときに40cm超えもヒットする。

豆知識

福島県北部の松川浦は宇田川と小泉川の河口にできた潟湖(発達した砂洲によってできた湖)で
大小の島々が点在する美しい景観は日本百景の一つに数えられている。
トイレ、駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。