茶屋ヶ岬(ちゃやがみさき)

特徴

付け根まで道路が通じており磯場伝いに入釣が可能、足場もそれほど高くない釣り場。
ただ、足下は常盤特有の砂岩で一部傾斜がキツイ箇所もあるためにスパイクブーツなどの装備はしっかりしておきたい。
背後は切り立ったガケとなっているのでいつガケ崩れがあってもおかしくないことを覚えておいてほしい。
主なターゲットはクロダイ、アイナメ、ソイ、イシモチ。
いずれのターゲットも一発大物が期待できる。

シーズン

春 クロダイアイナメソイ
夏 クロダイアイナメイシモチ
秋 クロダイアイナメソイ
冬 アイナメソイ

釣り方・仕掛け

クロダイ ウキフカセ釣り、ヘチ釣り、ブッコミ釣りウキ釣りカゴ釣り。
アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー
イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。

ポイント

【駐車スペース正面】 防潮堤越しにテトラが入っており、岬の基部付近まで砂が推積している。
           ここでは投げのイシモチがメインで時期により群れが入ると大物の可能性も出てくる。
           他にカニ網仕掛けを放りこむのも面白い。
【岬下磯場】 右に大きく突きでており、その外周はすべてテトラ帯。
       外海側には2つの小さなワンドがありテトラ周りはサラシで縁取られている。
       一見してクロダイの好ポイントとわかる地形でここではテトラまで降りてのウキフカセも可能。
       ただ、地元の釣り人はアイナメと両狙いのブッコミで攻めることが多い。

コツ

【ブッコミ】 岬下磯場でのブッコミはテトラ越しに抜き上げるのでハリスは最低4号としたい。

豆知識

松川浦から続く砂浜の終点が鵜の尾岬となりそこから南はいよいよ福島の海岸線らしい断崖絶壁となる。
以前は鵜の尾岬のすぐ南に「上ノ台」という絶壁上の釣り場があったが現在は草木に埋れている。
そのうえ地面が砂地なので足を踏み入れるものもはばかられる。
岬の北側もガケ下にテトラ帯が続くが背後に逃げ場は無く足場も低いため入釣はしないほうが懸命となる。
駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。