真野川・河口(まのがわ・かこう)

特徴

相馬郡のはやま湖(真野川ダム)より流れ、鹿島町を経て太平洋へと注ぐ川。
河口には2本の導流堤と沖提(渡船はない)によて侵食から守られている。
導流堤はどちらも砂浜から突き出した形のため格好の釣り場となっていおりターゲットの種類も豊富。
主なターゲットはイシモチ、シーバスクロダイ、カレイ、アイナメ、ハゼ。

シーズン

春 カレイシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ。
夏 シーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、イシモチクロダイハゼ
秋 カレイシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、イシモチクロダイハゼ
冬 カレイ

釣り方・仕掛け

カレイ 投げ釣り、チョイ投げ。
ハゼ 投げ釣り、チョイ投げ。
シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り電気ウキ
フッコ ルアー投げ釣りウキ釣り
イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。
クロダイ ウキフカセ釣り、ヘチ釣り、ブッコミ釣りウキ釣りカゴ釣り。

ポイント

【導流堤】 中心部は堤防だが外側はテトラで囲まれているため、ここではテトラ越しの投げが中心。
      内外でターゲットが異なっており砂浜側ではイシモチ、クロダイ。河口内ではシーバス、アイナメ、カレイ。
      イシモチ、クロダイ、シーバスは夜釣りでの実績が高い。
      河口内では左岸の河口神社、右岸の浮洲神社、右岸河口寄りの公園(造成中)周りでハゼ釣りが楽しめる。

コツ

【カレイ】 30cmまでの中小型がメインでヌマガレイ、イシガレイよりマコガレイが多いのが特徴
【ハゼ】 河口内で夏にはデキハゼが釣れ始め、冬場には25cm超えのジャンボクラスも狙える。
     深みを探して釣り歩くのが数を延ばすコツ、エサはアオイソメで良い。

豆知識

真野川は河口直前で右岸側が多いく切れ込んでいるため
導流堤を行き来するには県道を大きく迂回しなければならない。
夏場は海水浴客で混雑するのも覚えておいてほしい。
駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。