大熊東工業団地下(おおくまひがしこうぎょだんちした)

特徴

小良ケ浜と同じでガケ下のテトラ帯から竿を出す釣り場。
正式には「南夫沢海岸」というが地元の釣り人の間では
工業団地の真下にあることから「大熊工業団地下」と呼ばれている。
主なターゲットはアイナメ、ソイなどの根魚とイシモチ。

シーズン

春 ソイイシモチカレイメバル
夏 アイナメイシモチカレイ
秋 アイナメソイカレイメバル
冬 アイナメソイカレイ

釣り方・仕掛け

アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー
イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。
メバル ウキ釣りヘチ釣り、ミャク釣りサビキ釣りソフトルアー
カレイ 投げ釣り、チョイ投げ。

ポイント

殺伐としたテトラ帯が続くのでポイントは絞りにくいが
右手と中央よりやや左ての背後の岬がせり出しているあたりが潮通しが良い。
海底はほぼ砂地だが所々に根が点在している。

コツ

【根魚】 アイナメは1本針仕掛け、ソイやメバルは胴付きタイプの仕掛けを用いたブッコミが一般的。
     針にフラッシャーの着いた魚皮サビキを使うと面白い。特に大型狙いには効果があるがあまりおすすめできない。
     ナギ日なら夜釣りで狙うのも可能。
【イシモチ】、【カレイ】、【カニ】 下り口あたりと右手の排水口周りは砂地が多いので投げのポイントとなる。
                  イシモチは日中よりも夜釣りの方が型、数ともに期待できる。
                  カレイは数こそ望めいものの春~初夏にかけてアイナメまじりで30cm超えも釣れる。

豆知識

釣り場へは工場裏手の道路よりガケ下伝いに下って入ることとなる。
傾斜はそれほどでもないが足下がぬかるんでいるため当然スパイクブーツなどの装備をしっかり整えておく必要がある。
以前は2ヶ所にロープが設置されていたみたいだが現在では排水口周りのルートは草木に埋もれて不明となっている。
駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。