広野町営海浜公園(ひろのちょうえいかいひんこうえん)

特徴

町が東京電力広野火力発電所の敷地を借り受けて釣り人のために開放している施設。
温排水口のすぐ真横に釣り専用桟橋が設けられており、竿を出せるのはテトラの入っていない西側のみとなっている。
釣り座も1~40番までそれぞれの区分に別れており混雑を避けるために定員は40名と制限されている。
主なターゲットは秋~翌春のクロダイ、夏場の回遊魚が代表的。
他にはアイナメ、カレイ、シーバス、メジナなどの釣果もきかれる。

シーズン

春 クロダイ、ワカシ、イナダ、カンパチ
夏 ワカシ、イナダ、カンパチ
秋 クロダイアイナメウミタナゴ
冬 クロダイアイナメウミタナゴ

釣り方・仕掛け

クロダイ ウキフカセ釣り、ヘチ釣り、ブッコミ釣りウキ釣りカゴ釣り。
ワカシ ルアーカゴ釣り、投げサビキ
イナダ カゴ釣り、ルアー
カンパチ カゴ釣り、ルアー
ウミタナゴ ウキ釣りミャク釣りサビキ釣り
アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー

ポイント

温排水が常に速い横流れとなって桟橋をかすめていくため、ここではどの魚を狙うにしてもブッコミが主流。

コツ

近年はコマセを使った釣りも行われており先端の1~3番ではカゴ、ウキフカセ、付け根の35~40番ではウキフカセが可能。
ただし、人が多い時はオマツリに気おつけたい。
【クロダイ】 捨て糸を40cmほど取った胴付き仕掛けを流心に放りこみ、置き竿にしてアタリを待つスタイル。
       エサは地元常盤の特エサでシュウリシタが良く、アタればクロダイというスグレモノ。
       イワイソメを使うとアイナメ、シマダイも混じってくるので好みで使い分けよう。
       オモリは10号、ハリスは2~3号が良いだろう。
【回遊魚】 ルアー禁止なのでハリスを長めに取った胴付き仕掛けにイカの短冊を付け投げては巻いてくるを繰り返す。
      年によってムラがあるものの、早ければ5~6月にはワカシ、小型カンパチが顔を見せる。

豆知識

基本的に温排水口周りと言えば立入禁止があたりまえだが有料とは言え開放されている珍しい釣り場。
おかげで県内はもとより近隣他県からも釣り人が押し寄せる人気スポットとなっている。
なお、竿は1人1本に限られておりルアーは禁止となっている。
料金: 1日 1050円
駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。