四倉港・四倉新港(よつくらこう・よつくらしんこう)

特徴

港は長細い形状をしており、左側の旧港と右側の新港、南北二つの船道を覆う形の沖提で形成される。
地形で大まかに分けると旧港側が岩礁帯、新港側が砂地となっており。
ターゲットや釣り方に合わせて北と南で分けるのが賢い立ち回りになる。
港内が砂で埋まりつつあるが狙い所さえ間違わなければそれなりの釣果が望める。

シーズン

春 アイナメカレイシーバス
夏 イシモチクロダイカレイシーバスハゼ
秋 イシモチアイナメクロダイカレイシーバスハゼ
冬 アイナメ

釣り方・仕掛け

イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。
アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー
クロダイ ウキフカセ釣り、ヘチ釣り、ブッコミ釣りウキ釣りカゴ釣り。
カレイ 投げ釣り、チョイ投げ。
シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り電気ウキ
フッコ ルアー投げ釣りウキ釣り
ハゼ 投げ釣り、チョイ投げ。

ポイント

【堤防】 左右どちらの堤防からでも先端なら投げである程度方の良い魚を狙える。
【港内】 夏~秋にかけてハゼが有望でチョイ投げでも簡単に釣れる。
     港内の岸壁は随所に消波溝が設けられているので探りでアイナメ、ソイも期待できる。

コツ

【イシモチ】 右側の堤防先端がポイントとなる。秋の一時期には入れ掛かりになることもある。
【根魚】 アイナメなどの根魚は左側堤防の岩礁帯にあるミゾがポイント。クロダイも食ってくることもある。
【シーバス】 左手の磯場で回遊しているのが見られるのでルアーで狙ってみるのも面白い。
【カレイ】 型にこだわらなければ港内のどこからでも狙えるが左側の方が釣果が良く秋には時折40cm級もヒットする。

豆知識

四倉地区は漁師町でかつてはサケ、マスの漁業基地であった。
中央の堤防は以前は地続きであったが渡し堤を撤去するとともに浚渫が行われ現在は行き来できない。
トイレ、駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。