江名港 沖堤(えなこう おきてい)

特徴

江名港の沖には4本の沖提。
陸寄りの左から【左堤】、【右堤】、やや沖の【赤灯】、そして一番沖側に【スーパー沖提】と呼ばれている。
水深は5~10m以上と場所によって幅があることから季節に応じて浅場深場と攻めわけることができる。
主なターゲットはアイナメ、カレイ、ソイでいずれも50cmクラスが狙える。
大型のヒラメが多いことでも知られているなお釣行時は柄が6m以上の玉網を用意したい。

シーズン

春 カレイアイナメメバルソイ
夏 カレイメバルソイヒラメマゴチクロダイ
秋 カレイアイナメメバルソイヒラメマゴチクロダイ
冬 カレイアイナメメバルソイ

釣り方・仕掛け

カレイ 投げ釣り、チョイ投げ。
アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー
メバル ウキ釣りヘチ釣り、ミャク釣りサビキ釣りソフトルアー
ヒラメ 投げ釣り、ブッコミ釣り、ルアー
マゴチ ルアーブッコミ釣り
クロダイ ウキフカセ釣り、ヘチ釣り、ブッコミ釣りウキ釣りカゴ釣り。
イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。
ウミタナゴ ウキ釣りミャク釣りサビキ釣り
アジ ウキ釣りカゴ釣り、サビキ釣りルアー

ポイント

各堤防とも陸地向かいと航路側は砂地が多くカレイ、ヒラメ、マゴチ、イシモチなどのポイントとなっている。
【沖】 沖は砂地でも堤防際の基礎石周りにはかならず良型のソイやアイナメが付いている。
    仕掛けを遠近投げ分けて一度にカレイとアイナメなど砂地と根の魚両方を狙ってみよう。
    沖向いには沈み根や岩礁帯が多く、その際にうまく仕掛けが入れば効果売りつで良型のアイナメやソイが釣れる。
    根がかりも多いが根がかる所はポイントと思って根気よくせめて行きたい。

コツ

潮に濁りが入っている時はヘチ、ウキフカセの釣果が良くクロダイ、良型のメバル、ウミタナゴなどが釣れる。
堤防周りにアジの群れが選り出すとヒラメも狙い目となる。サビキでアジを釣って泳がせというパターンで狙うのが良い。
【根魚】 大型の根魚には虫エサのほか身エサを使うのも効果的である。

豆知識

沖提のさらに沖に沖提がある港はさほど珍しくないがそこに渡船で渡ることができるのは現時点では江名港のみ。
そういう意味でもかなり稀少価値の高い釣り場と言える。
トイレ、駐車スペースなし。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。