永崎船溜まり(ながさきふなだまり)

特徴

小名浜港から三崎をぐるりと回り、神白川の河口より東側が永崎海岸。
その東橋にある小さな漁港が永崎の船溜まりである。
船溜まりは海岸と違って人影もまばらでまさに穴場という言葉がふさわしい釣り場。

シーズン

春 カレイアイナメウミタナゴ
夏 アイナメイシモチ
秋 カレイイシモチウミタナゴ
冬 カレイアイナメ

釣り方・仕掛け

カレイ 投げ釣り、チョイ投げ。
アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー
イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。
ウミタナゴ ウキ釣りミャク釣りサビキ釣り
シロギス 投げ釣り、チョイ投げ。

ポイント

堤防の正面と東側は根が多くブッコミのアイナメ、ウキのウミタナゴが狙い目となる。
【港内】 常盤の港なので推積して浅くなっている。チョイ投げで小型のカレイ、アイナメが釣れる。
【右堤】 投げで永崎海岸の沖目を狙うのが得策。浅瀬のため砂浜からではとても攻めきれない永崎海岸。
     しかし、堤防からダイレクトに沖目に仕掛けを入れられるならば話は別となる。
     海岸の沖にあるテトラ提より先は深場となっており潮目がぶつかって魚の寄りが良好となっている。
     投げで春~夏でカレイ、夏~秋にアイナメが狙える。潮に濁りが入っていればイシモチが狙い目。
     年によってムラはあるものの真夏のシロギスも期待できる。

豆知識

海岸は小名浜から最も近い海水浴場として知られており夏場には付近の若者やツーリング客がたまっている。
駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。