小名浜港 釜の前堤防(おなはまこう かまのまえていぼう)

特徴

小名浜港から突き出す三崎より2段構えの布陣で外海から港を守っているのが白灯堤防と釜の前堤防。
全長約600mの釜の前堤防は地続きでは最も外海側にあるが残念ながら付け根付近にフェンスが設けられている。
万一トラブルがあった場合はすべて「自己責任」となることからおすすめできない。
釣り場となるのは【白灯堤防】となる工事中の場所を除けば大手を振って竿を出せる。

シーズン

春 アイナメカレイクロダイメバルウミタナゴ
夏 アイナメカレイクロダイアジ
秋 クロダイウミタナゴアジ
冬 アイナメカレイ

釣り方・仕掛け

アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー
カレイ 投げ釣り、チョイ投げ。
クロダイ ウキフカセ釣り、ヘチ釣り、ブッコミ釣りウキ釣りカゴ釣り。
メバル ウキ釣りヘチ釣り、ミャク釣りサビキ釣りソフトルアー
ウミタナゴ ウキ釣りミャク釣りサビキ釣り
アジ ウキ釣りカゴ釣り、サビキ釣りルアー

ポイント

【白灯堤防】 全般的に根の上に築かれた堤防でアイナメ、ソイ、メバルといった根魚の濃いポイント。
       投げえは50cm級のアイナメが釣れたこともありテトラ周りを探り歩くと良型のソイ、ドンコが期待できる。
       また、砂地を狙って投げるとマコガレイ、イシガレイも期待できる。
【テトラ帯】 白灯堤防の外側に並ぶテトラ帯。ウキフカセでメバル、ウミタナゴ、乗っ込み期はクロダイも有望。
       ただし、テトラはそれほど密に積まれていないので入釣や移動の際は足下に注意が必要。
       夏~秋にかけてサビキで小アジ、サバ、イワシが楽しめる。朝夕のマヅメが狙い目。

豆知識

【白灯堤防】は堤防先端には古めかしい灯台が吸えられており「ボッコ灯台」の名で釣り人に親しまれている。
駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。