照島海岸(てるしまかいがん)

特徴

小名浜港 いわきサンマリーナより東を望むとポツンと見える高い島があり照島と呼ばれる。
付近はすべてゴルフ場の敷地となっているため道路からは見えない。
照島を望む海岸は高いガケとなっているがその下には侵食防止用のテトラ帯が連なっている。
入釣するには小名浜港 いわきサンマリーナより海岸伝いに延々と30分は歩かなければならなず訪れる人は少ない穴場。
ただし、テトラ帯には真新しいガケ崩れの跡が見られていつ崩れてもおかしくない。
また全般的に浅く波が立ちやすい地形のため、ウネリがある日は入釣を控えよう。
主なターゲットは投げ釣りでのアイナメ、カレイ。

シーズン

春 アイナメカレイクロダイイシモチ
夏 アイナメクロダイイシモチシロギス
秋 アイナメカレイイシモチ
冬 アイナメカレイ

釣り方・仕掛け

アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー
カレイ 投げ釣り、チョイ投げ。
クロダイ ウキフカセ釣り、ヘチ釣り、ブッコミ釣りウキ釣りカゴ釣り。
イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。
シロギス 投げ釣り、チョイ投げ。

ポイント

【沖】 砂地と根が入り混じった地形のため釣り物によって底質を極める必要がある。
    何を狙うにしても1本針の仕掛けが無難となる。
    砂地が目立つ場所では良型のシロギス、イシモチが食ってくる。
【テトラ帯】 探り釣りでアイナメ、ソイ、ドンコなどが小気味良い反応を見せる。
       ただ、少しでもウネリがあると波を被る箇所が多いのでスパイクブーツは必須。
       ルアーではシーバスのほか年によって夏~秋にかけてはイナダが回ることがある。

コツ

【クロダイ】 背後に淡水の流れこみがあることから有望。
       ウキフカセでも良いが地形的にイワイソメをエサにしたブッコミが効果的。
       夏場の乗っ込み期には40~50cmクラスの良型も期待できる。

豆知識

地元以外でこの照島の存在を知っているのは一部の釣り人と野鳥愛好家だけと思われる。
照島は海鵜の生息地として国の天然記念物にも指定され周囲では大型のアイナメ、ソイなどが釣れる。
陸地から500mほど離れているが太古の昔は地続きだったという説もあり、その証拠に島と陸地の標高が一致する。
トイレ、駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。