勿来港(なこそこう)

特徴

福島県と茨城県の検査回である鵜ノ子岬のすぐ北側にあってガケとガケに挟まれ港。
天然の良港として栄えた勿来も戦前には港湾としての整備が始まり、幾度もの補修堤防の造成を経て現在の形になった。
港はV字型に切れ込む入江を左右から挟む形で岸壁が延び左側は地続きの堤防、右側は沖堤によって外海から守られている。
港内でも潮通しが良く、そこそこ水深があるためターゲットは豊富。

シーズン

春 カレイアイナメイシモチメバルシーバス
夏 カレイアイナメイシモチメバルクロダイ
秋 イシモチシーバスクロダイ
冬 カレイアイナメ

釣り方・仕掛け

カレイ 投げ釣り、チョイ投げ。
アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー
イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。
メバル ウキ釣りヘチ釣り、ミャク釣りルアー
クロダイ ダンゴ釣り、ヘチ釣り、ミャク釣りウキ釣りカゴ釣り。
シーバス ルアーウキ釣り電気ウキ。(夜釣り有利)
フッコ ルアー投げ釣りウキ釣り

ポイント

【南岸壁】 外側をグルっと囲うテトラ帯と船道向かいの小突堤が主なポイント
      テトラ帯ではウキフカセでクロダイ。穴でドンコ、ソイが狙える。
      沖堤から南側は大きな根が広がっており投げでアイナメが有望。
      根がかりを考慮してシンブルな1本針仕掛けで探っていくと良い。
【港内岸壁】 港口にかけての船道はカレイの好ポイント。マコガレイを中心にイシガレイもまじってくる。
       岸壁先端には1つのフラットなケーソンがあり堤防上からテトラ際を狙える。夜のメバル、シーバス釣りには最適な場所。
       岸壁ではサビキ釣りでイワシ、小アジ。チョイ投げでハゼ、メゴチ、小型のカレイも釣れる。
       広々として足場もファミリーでも楽しめる
【北堤防】 2本の堤防では低墓言うの間にある沈みテトラの際で根魚、外側に投げるとイシモチが狙える。
      イシモチは夏~秋にかけてが最盛期。良型に狙いを絞るならエサは塩で締めたサバ、サンマなどの身エサを使うと効果的。

豆知識

「勿来」とは「くるなかれ」という意味。
ここより北はかつて屋とに対して蝦夷の地とされ、勿来港を見下ろす浜陸には5世紀に造られたいう勿来の関がある。
テトラ帯以外の釣り座はどこも足場が良い。
ただ港内の道路には車止めがなされることがあり、釣り客は入りにくい。
空きスペースに駐車する際もくれぐれも迷惑とならぬような心がけよう。
トイレ、駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。