姫路港・中波止(ひめじこう・なかはと)

特徴

新波止の西側にのびる地続き波止が中波止です。クロダイを狙って来る人が多いです。
落とし込みの人気が高く、基本は数釣りがポイントになります。
足場は低いため満潮時には足元を波が洗うこともあるので注意して下さい。
足場が低く釣りやすいことからフカセ釣りも人気があります。

シーズン

ハゼセイゴカレイメバルタコクロダイ

釣り方・仕掛け

投げ釣りウキ釣りエビまき釣りフカセ釣り前打ち釣り

コツ

テトラ帯では一年を通じて良型が狙えるので人気があります。

ポイント

新波止から続くテトラ帯でも根魚が釣れます。先端部分を中心に狙うとよいです。

豆知識

上部には電線が通っており、投げ釣りなど投入時には注意して下さい。
釣りをする時には周りに人が居ないかを確かめましょう。
比較的に安全な場所ですが、水の事故には気を付けましょう。

アクセス

姫路バイパス中地ランプをおりてからR250号線方面へ南下。
R250号線を越えて飾磨臨海大橋を越えて釣り場へ。渡船利用の際はR250号線を夢前川方面へ進み、汐見橋手前の交
差点を左折。約80メートル進むと乗り場があります。

問い合わせ

渡船/山口渡船番号 TEL:079-236-3603

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。