淡路島 大磯港(あわじしま おおいそこう)

特徴

大磯港といってもほとんど外側一帯のテトラ帯を中心に港内ではちょい投げでカレイなどがぽつぽつとあがる。
全体としてはアイナメやメバル、カサゴなどの根魚を中心に港の南部の流れ込み付近では
シーバスも良い。
この辺りはいつ回遊魚が回ってくるかわからないため、いざという時のためにも、泳がせ釣りの仕掛けやソルトルアーのタックルも用意しておくとおもしろいかもしれない。

シーズン

春・夏場は投げ釣りブッコミ釣り、、スズキシロギスアオリイカメバル
秋・冬場はクロダイカサゴメバルカレイルアー釣りフカセ釣り投げ釣りで釣れる。

釣り方・仕掛け

フカセ釣りブッコミ釣りサビキ釣り投げ釣りルアー釣りエギングがメイン。

ポイント

外側一帯のテトラ帯をメインに潮通しの良いところ、湾口部の突堤先端周辺などが主なポイントとなる。

マメ知識

アイナメ、カサゴ、カレイ、メバルを中心とした投げ釣りやソフトルアーでの攻めがおもしろい。
エギングでのアオリイカ狙いもおもしろいし、泳がせ釣りでの大型の回遊魚も釣れるので、要チェック。
やはり朝マズメ夕マズメは特に大型の実績が高い。
安全のために、ライフジャケットは必ず着用しましょう。

アクセス

淡路ICを降りて国道28号線を南へ約5分で淡路島の大磯港へ。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。