淡路島 生穂漁港~生穂新島周辺(あわじしま いくほぎょこう いくほにいじましゅうへん)

特徴

生穂漁港より、眼の前の生穂新島の方が実績が高い。漁港内ではアオリイカやメバル、カレイなどをメインに外側のテトラポット地帯のカサゴ狙いなどが面白い。すぐ北にある流れ込みの河口周辺ではシーバスも釣れる。

生穂新島では、その広大な埋立地に広がる外側のテトラ帯のほうが魅力的だ。外側にあるテトラ帯以外にも小突堤の先端周辺や護岸の曲がり角などが好ポイントとなってくる。

メバリング、エギング、アジング、前打ちなどの釣りスタイルで探るもよし、秋のシーズンにはアオリイカ狙いもよし、タチウオも釣れるので、場所の混雑が少々気になる所ではあるが、人気のスポットである。ここも足を使って探ればいい思いができるのだが、ポイントに到着するまでに結構歩かなければならないので要注意。

シーズン

春・夏場は投げ釣りブッコミ釣り、、、で、、、、、
秋・冬場は、、、、が、、投げ釣り、、で釣れる。

釣り方・仕掛け

ブッコミ釣り、、投げ釣り、、、、がメイン。

ポイント

基本的には生穂漁港では外側の堤防がメインとなるが、先端周辺や曲がり角もしっかりと探ろう。生穂新島の護岸外側のテトラ帯でメバルやアオリイカ、アジ、タチウオ、チヌなどが釣れるが小突堤の周辺もしっかりとアタックしよう。潮通しの良いポイントを狙いつつ、、などの時間帯もきっちりと押さえよればまずそれなりの実績が得られるだろう。

マメ知識

ここも佐野新島同様にタチウオが釣れることで知られている。ほかにもハマチなどの回遊魚も回ってくることがあるので、アジやイワシなどが釣れている場合には、で攻めてみるのもおもしろい。様々な魚種が各シーズンに釣れるので、色々な仕掛けを持参して遊んでみるのもよいかもしれない。安全のために、は必ず着用しましょう。

アクセス

津名一宮ICを降りて北東へ。国道28号線を生穂を東で淡路島 生穂漁港

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。