津荷漁港(つがぎょこう)

特徴

地元色の強い、穏やかな港だが、エギングで人気が高い。
その雰囲気とは対照的に、大型のヒラスズキアオリイカ魚影は濃い。
それだけ、アジサバ、イワシなどのベイトの回遊が多いということでもあり、時には青物の回遊も見受けられる。

シーズン

春・夏場は投げ釣りブッコミ釣りルアー釣りサビキ釣りエギングクロダイスズキアジサバアオリイカシロギス
秋・冬場はクロダイブッコミ釣りで釣れ、ルアーでスズキ

釣り方・仕掛け

ブッコミ釣り投げ釣りルアー釣りエギングサビキ釣りがメイン。

ポイント

外側一帯の地磯や潮通しの良い突堤先端。

マメ知識

外側に面した磯場では、風が吹くと大変危険なので、安全面に注意して、釣行しましょう。
また、泳がせ釣りでの根魚や、青物ヒラメ狙いがおもしろい。
大型のシーバスの実績があるので、タックルも万全で臨みましょう。

アクセス

R42紀伊田原を古座方面へ行くと、途中に津荷漁港

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。