【釣り場情報】東海埠頭公園

東海埠頭公園

特徴

京浜運河の四つ辻に位置している周囲は大部分が石積みで水深の浅いが潮通しのよい釣り場。
夜釣りでカレイの釣れる釣り場として注目されている。
魚の寄り付きが良く敷石がシッカリしいてあるので水際まで比較的に安全にアプローチすることができる。
公園としては小さめだが、15台止めれる無料駐車場(8~18時)、トイレなどの設備がある。
主なターゲットは日中にハゼ、マゴチ、夜釣りでシーバス、アナゴ。

主な釣魚

カレイシーバスハゼ

シーズン

春~夏  シーバス、マダカ 、フッコ、セイゴ、 アナゴ、ハゼマゴチ、メゴチ。
秋~冬 シーバス、マダカ 、フッコ、セイゴ、アナゴカレイシロギス
【ナイターガレイ】 12~翌1月の間の15日間程度。

釣り方・仕掛け

カレイ アオイソメなどで投げ釣り、ナイターを意識し発光体をつける。
シーバス ルアー釣りブッコミ釣りエビまき釣り電気ウキで夜釣り
ハゼ アオイソメなどで投げ釣り

コツ

橋からの明かりの境目を狙う。

ポイント

釣り座は首都高速羽田線の高架で二分化される主な釣りものは変わらない。

アクセス

電車の場合、東京モノレール・流通センター駅よりバス利用「京浜大橋」バス停下車。
車の場合、環七大森方面から環七大井埠頭交差点を右折、京浜大橋手前を右折する。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。