【釣り場情報】海老取川

Googleマップで開く

海老取川(えびとりがわ)

特徴

多摩川と京浜港をつなぐ川。
周囲は立入禁止の空港関連施設などあって釣りを楽しめる場所は限定される。
そのためか休日でも釣り人は少なく穴場気分でのんびり釣りを楽しめる。
穴守橋下手の護岸、大森一中裏には手すりもあり子連れのファミリーでも安心だ。
主なターゲットはシーバス、ハゼ、セイゴ、フッコ。

シーズン

春~夏  シーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、 ハゼマゴチ、メゴチ。
秋~冬 シーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、カレイシロギス

釣り方・仕掛け

投げ釣り、チョイ投げ、ノベ竿ミャク釣りルアーウキ釣り

ポイント

河口は船が往来するため比較的明確なカケアガリがあり、シーバスがそれに沿って入ってくる、係留船が止まっていない空港側から広く攻めるのがおすすめ。
弁天橋~稲荷橋にかけての船溜りはハゼの好ポイントで船の間を静かにミャク釣りで狙えうと数釣りを楽しめるだろう。
羽田中横の護岸は浮き桟橋や係留船の周りに電気ウキ仕掛けで狙うとセイゴ、フッコを狙える。
穴守橋下手の護岸、大森一中裏は秋ぐらいにチョイ投げでハゼを狙える。
大森一中裏は羽田可動橋の橋周りをルアーや電気ウキで狙うとセイゴ、フッコを狙える。

豆知識

弁天橋付近にトイレ、駐車場あり。

アクセス

電車の場合、東京モノレール・天空橋駅を下りてすぐ釣り場。
車の場合、首都高1号羽田線・羽田IC下車、環八通りを空港方向に進むと穴守橋。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。