【釣り場情報】有明ふ頭公園

Googleマップで開く

有明ふ頭公園(ありあけふとうこうえん)

特徴

正確には有明西埠頭公園と水の広場公園の二つの公園で形成されている。
釣り場がゆりかもめ・国際展示場正門前駅を降りてすぐに見える為アクセスはとてもよく。
フェンス、トイレだけじゃなく救命用の浮き輪まで容易されている、ファミリー向けの釣り場。
平日はビジネスマン、休日はファミリーなどで賑わうので、
本格的な投げ釣りコマセを撒き散らすような釣りは控えたほうが無難。
基本的にルアーでのチョイ投げでライトな釣りを楽しむ感じとなっている。
主なターゲットはハゼ、アナゴ、セイゴ、メバル。

主な釣魚

シーバスアナゴメバルハゼ

シーズン

春~梅雨 メバルシーバス、フッコ、アイナメ
夏~秋 ハゼアナゴメバルマゴチ
秋~冬 シーバス、フッコ、カレイアナゴ

釣り方・仕掛け

シーバス ルアー釣りブッコミ釣り電気ウキで夜釣り
アナゴ 投げ釣り電気ウキで夜釣り
メバル 投げ釣りミャク釣り
ハゼ アオイソメなどで投げ釣り

ポイント

<有明西埠頭公園>
【国際展示場前】 ハゼ、アナゴ。足元から15m沖まで根掛かりが多いのでチョイ投げが主体。
【沖側】アナゴ、ハゼ、メバル、アイナメ。水深があるので小さめのオモリで探り釣りを行う。
<水の広場公園>
【階段付近】 カレイ、フッコ、ハゼ。冬場の階段付近は日中にハゼ、夜釣りでカレイを狙える。手前での根掛りに注意が必要。
【角の人工磯周辺】 フッコ、セイゴ、ハゼ、メバル。フェンスが無くなり石積みの人工磯が釣り座となる。

豆知識

<有明西埠頭公園>
埋立地から2本の埠頭が延びているがその大部分は釣り禁止となっている。
国際展示場近くの西岸(水上バス乗り場方面)の一部が公園として一般に開放されて釣りが可能である。
水上バス付近は釣り禁止となっているので注意が必要。
<水の広場公園>
水路の奥に位置するわりに釣れる魚種は多い。
釣り場は頭上に架かる有明埠頭橋を境に二分され、水上バス付近は釣り禁止となっているので注意。

アクセス

電車の場合、ゆりかもめ・国際展示場正門前下車、徒歩1分。
車の場合、首都高速湾岸線・13号他IC(東向き)よりR357号の1つ目の信号を右折し、「青海1」信号を左折、あけみ橋を渡るとすぐ東京国際展示場。駐車場として東京ファッションタウンのコインPがある。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。