【釣り場情報】横浜港

Googleマップで開く

海の玄関、レジャースポットとして有名な横浜港。「改正SOLAS条約」などにより立入禁止エリアが増えたり、逆に立入禁止だった埠頭や観光スポットの公園が釣り場として開放されたりなど、江戸末期の開港から釣り場や海の玄関として親しまれ、現在も様々な変貌を遂げている。

釣りのできるポイントではほぼフェンスを完備しており、子連れでも安心して釣りを楽しめる。

観光地としても有名なので観光客などの周辺の人たちにも注意が必要である。当然のことながらゴミは持ち帰り、付近を汚しやすい撒き餌などは控えるのが無難。

沖堤の渡船ネットワークが充実しているので、沖堤釣りも存分に楽しめる。

釣り場

山下公園
赤レンガパーク
横浜ワールドポーターズ周辺
新港パーク
国立大ホール周辺
臨港パーク
そごう周辺

沖堤

アクセス

電車の場合、JR根岸線・横浜、石川町、関内、桜木町、高島町各駅から、横浜港に向かってバス、タクシー利用。
または、市営地下鉄・横浜、桜木町、関内駅から横浜港に向かってバス、タクシー利用。
車の場合、首都高速横羽線・石川町、横浜公園、みなとみらいICなどから各ポイントへ。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。