川崎・横浜・八景島の釣り場・スポット情報を集めました。

浮島町公園・浮島つり園
多摩川沿いの250m程の範囲が24時間開放されている海釣り公園。入場無料。
川崎新堤
全長3.4kmにも及ぶ東京湾随一の巨大堤防。
東扇島
釣りモノも豊富で設備も充実しており人気の釣り場。 休日はカップルやファミリーなど大勢の釣り人で賑わう。
千鳥公園
すぐ近くに無料駐車場があり、たくさんの釣り客が集まる人気の釣り場。
東扇島西公園
川崎市で2番目にオープンした海釣り公園。 大型の駐車場2カ所、水洗トレイ、岸壁に水道も設置されており、釣りものも豊富で人気がある。
水江町公園
夏場はシロギス、冬季はカレイ。突堤の排水口から温水が出ているため、付近は魚影が濃い。
大黒海釣り公園(横浜フィッシングピアーズ)
休日には入場制限が行われるほどの人気の釣り公園。入場料900円。魚種が豊富で、潮通しが抜群にいいため回遊魚も狙える。
末広水際線プロムナード
700メートルに及ぶ釣り場のため収容力は十分。ファミリー向け。
本牧海づり施設
人気の海釣り施設。護岸もしくは桟橋での釣りとなる。 有料駐車場があるが休日などは満車となることもある。
横浜港
子連れでも安心して楽しめるポイントが多い。渡船が充実しているため沖堤釣りも楽しい。
そごう周辺(横浜港)
横浜港の他のポイントと比べると人通りが少なく、のんびり竿を出すことができる。主にシーバス・ハゼ。
臨港パーク(横浜港)
広々とした釣り場で潮通しもよい。多彩な魚種が揃っている。手前は浅いので沖目を狙おう。
国立大ホール周辺(横浜港)
ヘチ釣りでメバル、メジナ、ウミタナゴなど小物が中心だが、キャストでクロダイを狙うこともできる。
新港パーク(横浜港)
横浜ワールドポーターズ周辺(横浜港)
奥まったところにあるためか、冷える日は魚が群れていることがある。
赤レンガパーク(横浜港)
水深がそこそこあるため釣果を期待できる。
山下公園(横浜港)
シーバスやアイナメ、メバル・カレイ・シロギスなど。根魚もよい。観光客が多いが、朝夕のマヅメ時や夜釣りなら釣りに集中できる。
横浜沖堤
横浜港には複数の沖堤があり、まとめて「横浜沖堤」と呼ばれている。渡船のネットワークが充実しているのが特長。
沖白灯・テトラ堤(横浜沖堤)
初心者でも釣りやすい沖堤。魚種が豊富。海底は砂泥やヘドロになっている。
旧赤灯・旧白灯(横浜沖堤)
沖赤灯・ハナレ(横浜沖堤)
東京湾口から入る潮流がぶつかり合うためエサが豊富で魚の寄りが大変よい。
第一新堤・D突堤(横浜沖堤)
足場がよく初心者でも安心して釣りを楽しめる釣り場。
金沢材木港
年間を通して様々な釣り物が狙える釣り場。
福浦埋立地
磯子海づり施設
いそご海づり場
駐車場、トイレ、売店が有る全長約500mのゆったりとした釣り場。 都心部から比較的近いが駐車場は無いので注意が必要。
根岸港
足場が良くゆったりと釣りが楽しめる釣り場。
磯子港
あまり大きな釣り場ではないので時期によってはプレッシャーの高い釣りになる。
電源開発前護岸
金沢埋立地
東京湾の中では比較的のんびり釣りを楽しめる釣り場。 周囲は企業敷地なので立入禁止場所に注意。
海の公園
柴漁港
のんびりとした釣りに向いた釣り場。水深があまり深くないので、釣りにいく場合には水位にも気を配ると良い。
野島防波堤(沖堤)
八景島シーパラダイスで有名な金沢八景沖にある沖堤。 長い年月の間に崩壊・分断され、渡船可能な釣り場が6ヶ所程度ある。
野島公園
バーベキュー・ファミリーキャンプで有名。駐車場・トイレあり。電車でも便利。釣りやすい公園。