【釣り場情報】うみかぜ公園

Googleマップで開く

うみかぜ公園(うみかぜこうえん)

特徴

周辺の大半を米軍施設が占めていることから、釣りができるスペースは限られている横須賀エリア。
そんな中で新港のやや南にあるうみかぜ公園は貴重な釣り場となっている。
海底に沈み根やゴロタが点在しているおかげか根魚の魚影が濃い、竿は岸壁のどこからでも出すことができる。
夏~秋にかけてはベイトを追ってボイルするイナダ、ワカシ、サバの姿を確認できる。
【多目的広場周辺】はフェンスのある親水護岸で投げ釣り、ルアー、ヘチ釣り、サビキ釣りと様々な釣りを楽しめる。ただし、根掛かりが多いので注意が必要。
【展望台周辺】は 階段状のスロープで根魚がもっとも濃い、ただし竿のアクションによって釣果が変わって気安いポイントとなっている。
【小突堤】は足場がやや高く周辺をフェンスに囲まれているので子供でも竿を出せる、クロダイやスズキを狙える。
主なターゲットはクロダイ、シーバス、メバル、カサゴ、アイナメ、ウミタナゴ。

シーズン

春~夏 メバルアイナメカサゴ
夏~秋 クロダイシーバス、マダカ 、フッコ 、セイゴ。
秋~冬 サバ 、ワカシ、イナダ、 カレイシロギスウミタナゴ

釣り方・仕掛け

投げ釣り、チョイ投げ、ルアーソフトルアーミノーバイブレーションヘチ釣り、サビキ釣り
公園では家族連れの小さな子供がいるために投げ釣りの際には周囲に気を配ってキャストする必要がある。

ポイント

【多目的広場周辺】 クロダイ、シーバス、カレイ、サバ、イナダ。
【展望台周辺】 カサゴ、メバル、ムラソイ。
【小突堤】 クロダイ、シーバス、フッコ。

豆知識

広くて開放的な敷地には芝生、広場でバスケやテニスを楽しめむ多目的スペースがあり。
トイレ、有料駐車場が完備されている、さらに24時間営業のスーパーも近くにある。
天気のいい休日には市街地からもほど遠いため家族連れでピクニックを楽しんでいる姿も見られる。

アクセス

車の場合、横浜横須賀道路・衣笠ICより県道26号線を経てR16号を大津町方面へ、「寺下」交差点を左折し直進すると突き当たりがうみかぜ公園。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。