猿島(さるしま)

特徴

横須賀の沖1.7kmに浮かぶ東京湾唯一の島内には今なお豊かな自然が残されている自然島である。
自然が豊富な島にふさわしくつれる魚種は豊富で岩場、砂場、ゴロタ場と地形変化をに富んでいる。
また、浦賀水道を抜ける速い潮に洗われるため様々な魚が居着き、回遊してくるので周年多彩な魚種を楽しめる。
ピクニックやバーベキューを仲間や家族とやりながら宴会半分で竿を出したりと都会の時間とは違ったのんびりとした釣りを楽しめる。
【砂鉄の浜】は管理棟のすぐ正面に広がる砂浜でカレイ狙いのポイントとなっている、夏にはシロギスも期待できる。シーバスなら90cmクラスも目指せる。
【オイモノ鼻】は周辺にゴロゴロと根が点在し根魚のポイントとなっている。沖は根まじりの砂地なので投げ釣りでも可。
【ヨネノ根】は沖に突き出した磯が釣り座、磯周りから水深があるのでウキ釣りやフカセ釣り、ルアーなど様々な釣りを楽しめる。
主なターゲットはクロダイ、シーバス、アイナメ、カレイ、カサゴ。

シーズン

春~夏 メバルアイナメカサゴハゼマゴチ、メゴチ、カレイ
夏~秋 クロダイシーバス、マダカ 、フッコ、セイゴ 、シロギス
秋~冬 カレイシロギスウミタナゴ

コツ

磯では根掛かりがきついので、シンプルな仕掛けが良い。

釣り方・仕掛け

投げ釣り、チョイ投げ、ルアーウキ釣りウキフカセ釣り、フカセ釣りヘチ釣り、サビキ釣り

ポイント

【砂鉄の浜】 クロダイ、シーバス、カレイ、アイナメ。
【オイモノ鼻】 クロダイ、カレイ、アイナメ、カサゴ。
【ヨネノ根】 クロダイ、シーバス、カレイ、カサゴ、アイナメ。

豆知識

日蓮上人が嵐にあったとき、突然白猿が現れて助けてくれたという伝説から名がついたといわれている。
今は人気のレジャースポットとなっているが、日本近代化の過程で要塞化されたこの島は、第二次世界大戦が終わるまで軍事施設として一般人の立ち入りが禁止されていた。
おかげで豊かな自然を満喫できるのはもちろん、明治期に造られた切り通しやトンネル、大戦中の高射砲陣地跡などの観光スポットがいくつかある。
島内にある管理棟に売店、トイレあり。

アクセス

電車の場合、京急本線・横須賀中央駅かJR横須賀線・横須賀駅より徒歩10分前後でトライアングル三笠営業所。
車の場合、横須賀道路ICより県道26号線を経てR16号「小川町」を左折し直進するとトライアングル三笠営業所。

問い合わせ

トライアングル三笠営業所 TEL: 046-825-7144
運賃(往復) / 大人 1200円、 小学生 600円
運行時間(3月1日~11月30日は毎日) / 三笠桟橋発: 8時半~16時半、 猿島発: 8時45分~17時 (各1時間おき)

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。