九ノ崎(くのさき)

特徴

長浜海岸の北端にあり海岸を覆うようにゆるやかな曲線を描く突堤。
以前は砂浜から堤防が延びているだけであったが現在は堤防基部が施され入釣がかなり容易になった。
堤防は幅が約7m、高さ3~4m、長さは約180mあり外側から先端にかけてはテトラ帯。
内側は完全な砂地であるのに対して外側はほぼ岩礁帯と地形がきれいに分かれる。

シーズン

春 クロダイアイナメソイ
夏 クロダイソイイシモチシロギス
秋 クロダイアイナメソイイシモチ
冬 アイナメソイ

釣り方・仕掛け

クロダイ ウキフカセ釣り、ヘチ釣り、ブッコミ釣りウキ釣りカゴ釣り。
アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー
イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。
シロギス 投げ釣り、チョイ投げ。
カレイ 投げ釣り、チョイ投げ。

ポイント

【堤防港外】 メインポイントとなるテトラ帯。ウキフカセではクロダイ、ウミタナゴが狙える。
       ともに3~4月にシーズンに入る。クロダイは5~6月が乗っ込みの最盛期となる。
       テトラ際は浅場となっているのでやや沖目にある沈み根を中心にウキ下は4~5mを攻めると良い。
       ウキフカセのほかブッコミでアイナメ、ソイなども狙えるが根がかりが多い。
       根がかりをさけるためにも根と根の間にある砂地に仕掛けを入れるようにしよう。
       注意としては砂地の位置はひとあれごとに違ってくるので釣行ごとに確認が必要となる。
【磯場】 テトラ帯の先にある人気のあるポイント。水深は深い所で10mあるのでウキフカセには最適。
     波には弱く背後のガケから落石の恐れもあるためあまりおすすめできない。
     釣り物や釣り方は堤防とほぼ同じである。
【堤防港内】 砂浜に向かっての投げが可能でイシモチ、シロギス、カレイが狙える。
       沖テトラ周りに仕掛けを入れるとアイナメ、ソイも期待できる。

豆知識

駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。