小木津浜(おぎつはま)

特徴

浜通りの交通量が多く駐車スペースが少ないせいか攻める人が少ない穴場の海岸。
浜とは言うものの砂浜は東津川の流れこみ付近とやや南寄りの排水口周りにあるだけでそれ以外はほぼテトラ帯と鳴っている。
テトラは比較的密に積まれているので足場は悪くない。
パッと見たところでは変化に乏しい海岸のようだが沖には思いのほか大きな根が点在しておりアイナメ、ソイなど根魚も釣れる。

シーズン

春 アイナメカレイ
夏 シーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、イシモチ
秋 アイナメシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、イシモチカレイ
冬 アイナメカレイ

釣り方・仕掛け

カレイ 投げ釣り、チョイ投げ。
アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー
イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。
シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り電気ウキ

コツ

【根魚】 海岸の全てがポイントといえるぐらいメインターゲットとなる。
     あえてあげるならガケの張りだした河口左側のほうが良く根がキツイため良型も多い。
     釣り方はブッコミ釣りとなるが根がかりが多いのでできるだけシンプルな仕掛けを使いオモリなどの予備も多めに用意しておきたい。
     アイナメの45cm級も狙えるためハリスは4号以上にしておくのが無難である。
     外道でドンコも良く掛かる、
【シーバス】 多少の波っ気がありテトラにシブキが上がっているような日が狙い目。
       大きめのミノーを遠投するとよく60~70cmクラスが期待できる。
【イシモチ】 雨後はイシモチ狙いのチャンス。東連津川の川水流入すると濁りが入りやすく周囲の海岸がすべて茶色っぽくなる。
       そうなってる時は日中でも数釣りが可能。盛夏の夜釣りでは潮色に関係なく数、型ともに安定した釣果が上がるとのことだ。
       仕掛けはやはり捨てオモリ式の胴付きタイプがベストだろう。
【カレイ】 左の砂浜から初冬~初夏にかけて波が穏やかな日に狙える。
      1本針の仕掛けで根と根の間の砂地を探っていくと良い。

豆知識

日立市のやや北よりに位置する小木津浜は常盤自動車道の日立北ICより5分以内と抜群にアクセスが良い。
テトラ帯は濡れて滑りやすい箇所お多いため入釣の際はスパイクブーツ、ライフジャケッットなどの装備をしっかりしておきたい。
駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。