【釣り場情報】元名港

Googleマップで開く

元名海岸と保田海岸を仕切るように位置する八幡岬の付け根から延びる小堤防がある港。堤防の長さは約40mほどで途中で「くの字」に折れ曲がっている。ちょうどこの堤防を境に外側は岩礁帯、内側は砂地となっている。

堤防内側に広がる元名海岸はシロギスのメッカとして有名。シロギスは年中狙うことができ、初夏~晩秋にかけては数釣りを楽しめる。

他には、春・秋にクロダイの実績が高い。

シーズン

春 シロギスクロダイ、カイズ。
夏 シロギス
秋 シロギスクロダイ、カイズ。
冬 シロギスクロダイ、カイズ。

釣り方・仕掛け

アオリイカ ウキ釣りエギング、ヤエン。
クロダイ ウキフカセ釣り、カゴ釣り、ヘチ釣り、ダンゴ釣り。
シロギス 投げ釣り、チョイ投げ。
ウミタナゴ ウキ釣りミャク釣りサビキ釣り
マゴチ ルアーブッコミ釣り

コツ

アオリイカ】 点在する沈み根の切れ目を探る。くの字堤防がポイント。
【シロギス】 堤防の延長方向から内側にかけて砂地が広がっており、そこから投げで狙える。
       条件の悪いときは遠投で広範囲を探るほうが有利となるが
       盛期や潮位の高い時はチョイ投げでも十分楽しめる。
       釣れるサイズは10~16cmの中小型がメインだがすぐ近くに岩礁帯があるため
       時折25cm級のジャンボギスも姿を現す。
【クロダイ】 春の乗っ込み期、秋の落ちの時期にしばしば好釣果が聞かれるが
       水深が浅いので潮が澄んでいるときは期待薄となる。
       堤防の先端外側がちょうど岩礁帯と砂地の境目でこの部分がポイントとなる。
       乗っ込み期は仕掛けを根から離すとあまり食ってこないが
       活性が高い秋はコマセさえ撒けば砂地の真ん中でも食ってくる。
       ウキ下をやや深めに取ってハリスを底に這わせ気味にしたほうが良い。
       付けエサはオキアミで良いが水温の高い時期は練エサなどエサ保ちの良いものを持参したい。
       「くの字」に曲がった堤防の手前外側だと濁りがあれば溝を伝ってクロダイが食ってくる。
       釣り方はウキで狙う、仕掛けを海底に這わせると根がかりしやすいので
       水深いっぱいにウキ下を取るようにしたい。

ポイント

堤防の先端がメインの釣り座となるが2~3名ぐらいが許容範囲となる。「くの字」に曲がった堤防の手前外側には沖から続く細かい溝が入っている。

基本的に水深は浅目で、堤防外側では根がかりに注意が必要となる。

豆知識

トイレ、駐車スペースあり。

アクセス

館山道・君津ICを下車、国道127号線から富津館山道に入り、富津金谷ICで下車国道127号線を館山方面へ進み、鋸山トンネルを過ぎ元名海岸の看板を右折。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。