【釣り場情報】保田港

Googleマップで開く

保田港(ほたこう)

特徴

旧保田港吉浜埋立地の間に位置する港。港内が釣り禁止エリアのため、竿を出せるのは白灯堤防のみとなる。

主なターゲットはクロダイ、シロギス、メバル、アオリイカ、ウミタナゴ、アジ。

シーズン

春 クロダイシロギスメバルカサゴアオリイカ
夏 クロダイシロギスメバルカサゴアジ
秋 クロダイシロギスアオリイカメバルカサゴアジ
冬 クロダイシロギスメバルカサゴ

釣り方・仕掛け

主なターゲットはクロダイ、シロギス、メバル、アオリイカ、ウミタナゴ、アジ。
クロダイ ウキフカセ釣り、ヘチ釣り、ブッコミ釣りウキ釣りカゴ釣り、ダンゴ釣り。
シロギス 投げ釣り、チョイ投げ。
メバル ウキ釣りヘチ釣り、ミャク釣りサビキ釣りソフトルアー
アオリイカ ウキ釣りエギング、ヤエン。
ウミタナゴ ウキ釣りミャク釣りサビキ釣り
アジ  サビキ釣りウキ釣りカゴ釣り、ルアー電気ウキ
カサゴ ヘチ釣り、ミャク釣り投げ釣り、チョイ投げ、ルアー。(夜釣り有利)

コツ

アオリイカ】 砂地に広がる海藻帯を狙う。白灯堤、港外側テトラ帯がポイントとなる。
【メバル】 堤防内側のヘチにはメバルが居着いているのでソフトルアーを使って探り歩く人が多い。
      夜行性の魚なので日中よりも夜釣りが有利。
【アジ】 初夏~秋にかけて回遊が見られ特に潮通しが先端付近が狙い目、釣り方はサビキまたはウキがおすすめ。
     日中よりも夜間のほうが活発になるので朝夕のマヅメ時が狙い目となる。
【穴釣り】 オキアミや身エサ、イソメ類などをエサにテトラ狙いでメバル、カサゴが周年狙える。
      仕掛けを入れる前に穴にオキアミ、アミエビをひとつまみほど撒くと効果的。
【ウキ釣り】 堤防外側で春にはクロダイ、ウミタナゴ。初夏~秋にかけてアジが狙える。
       沖が砂地なのでクロダイ、ウミタナゴはテトラ際がポイント。
       アジは沖の潮目を狙うかコマセでポイントを作るようにすると良い。
【投げ釣り】 周年シロギスが狙える。多少のツブ根はあるがサビいて釣ることができる。
       堤防外側には根があるぶん良型も多い。

ポイント

保田港は港内が釣り禁止エリアのため、竿を出せるのは白灯堤防のみとなる。
堤防の外側はテトラ帯でなれた釣り人向きのポイント、内向きは足場が良いので家族連れでも楽しめるポイントとなっている
堤防内側は先端から50mくらいが水面からの高さも無く釣りやすい。
秋~初冬にかけては堤防先端付近でクロダイのダンゴ釣りが面白く、チョイ投げでシロギス、メゴチが釣れる。

豆知識

近くに道の駅、入浴施設、漁協直営店、菱川師宣記念館など観光施設が充実している。
港内は釣り禁止エリアとなっているが車で白灯堤防の付け根まで乗り入れることができる。
トイレ、駐車スペースあり。

アクセス

館山道・君津ICを下車、国道127号線から富津館山道に入り、鋸南保田ICで下車。国道127号線を館山方面へ進み、温泉の看板を右折。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。