【釣り場情報】金谷フェリー港

Googleマップで開く

金谷フェリー港(かなやふぇりーこう)

特徴

千葉県の久里浜と浜金谷をつなぐカーフェリーの発着港。
房総半島へのレジャーやドライブの基点として知られ交通の便、足場とも良いため、ファミリー向きの釣り場。
港は北側に位置する石積みの岸壁周辺とフェリー乗り場から延びる堤防の2つに大きく分かれる。
毎日のようにカーフェリーや石を運搬する大型船が出入りするので、この一帯は周辺の釣り場より水深がある。
石積みの岸壁は作業中は立入できないので注意が必要。
主なターゲットはクロダイ、シロギス、アジ、イカなどで、どのターゲットも狙えるシーズンが長いのが特徴。

シーズン

春 クロダイ、カイズ、シロギスアジメバルコウイカシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、ウミタナゴ
夏 クロダイ、カイズ、シロギスアジコウイカシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、ウミタナゴ
秋 クロダイ、カイズ、シロギスアジメバルコウイカシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、ウミタナゴ
冬 クロダイ、カイズ、コウイカシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、ウミタナゴ

釣り方・仕掛け

クロダイ ウキフカセ釣り、カゴ釣り、ヘチ釣り、ダンゴ釣り。
シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り電気ウキ
フッコ ルアー投げ釣りウキ釣り
シロギス 投げ釣り、チョイ投げ。
アジ ルアーウキ釣りカゴ釣り。
メバル ウキ釣りヘチ釣り、ミャク釣りサビキ釣りソフトルアー
ウミタナゴ ウキ釣りミャク釣りサビキ釣り

コツ

アオリイカ】 根が点在し水深もあるので、仕掛けを沈めじっくりと誘いをかけると良い。
          赤灯堤、北側スロープがポイント。
【クロダイ】 大型の釣果はあまり聞かないがカイズクラスから40cmクラスまでの実績は高く年間を通じてコンスタントに釣れている。
【シロギス】 シーズン初期や終盤の釣り場として定評がある、周辺の砂浜で釣果が落ちてきた頃から次第によくなってくる。

ポイント

【トウフ】 フェリー港の堤防からテトラ帯を渡って行く。
      カーフェリーの船道から沖にかけて海底は砂地で投げでのシロギスが面白い。
      金谷港向かいの海底は岩礁帯になっており、ウキでクロダイ、ウミタナゴが狙える。
      また、堤防際を探るとメバルを釣ることもでき日中は小型が多いが夜釣りでは20cm以上の良型も望める。
      夏~秋にかけては夜にカゴで狙う中アジが面白い。
【赤灯】 クロダイのダンゴ釣りの人気ポイントでカイズクラスながら安定した釣果が得られる。
     特に秋は実績が高く、数釣りも可能となる。
【小突堤】 フェリー発着所の対岸にあり釣り座は2人ほどしか入れない先端に限れる。
      右側は岸壁から張りだした岩礁帯となっておりクロダイ、ウミタナゴ、メバルなどが居着いている。
      先端からこの岩礁帯の落ち込みを狙うことになるので潮は右方向へ流れている時がベスト。
【磯場】 クロダイの実績が高い、チャランボ、ウェーダーなど装備が必要となる干潮時限定の釣り場。
     足下に落ち込みがあり磯際から15mいないがポイントとなる。
     静かに竿を出していると磯際でヒットするこもとあるので必ず磯際から一歩下がった所に釣り座を構えたい。
     磯が低いので荒れ気味のときは無理せずカーフェリーの引き波などにも十分注意してほしい。
【岸壁】 石積み場の岸壁、足場が広々としているため家族連れでも楽しめる。
     ウキでクロダイ。投げでシロギス、カレイ。カゴ、サビキでアジ、イワシなどが狙える。
     クロダイは両角で実績がありウキならフェリー港側、ダンゴでは芝崎海岸側で狙う人が多い。
     シロギスは岸壁の中央からフェリー港よりが良くて外道に長慶のカワハギが掛かる事もある。
     カレイは冬~春にかけて良くて数こそ少ないものの良型が多いのが特徴。
     アジ、イワシは夏場が中心、日中のサビキでは小型が多いが夜のカゴ釣りなら中アジも望める。

豆知識

【赤灯】の正面はフェリーが通るので投げ釣りは控えよう。
トイレ、駐車スペースあり。

アクセス

館山道・君津ICを下車、国道127号線から富津館山道に入り、富津金谷ICで下車国道127号線を館山方面へ進む。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。