【釣り場情報】竹岡港

Googleマップで開く

竹岡港(たけおかこう)

特徴

かつてのクロダイ釣りのメッカ、五洋堤防・浅間山堤防への渡船基地としても有名だった港。この港自体は釣り場としての知名度は低いので、比較的のんびりと釣りを楽しめる。

港周辺は浅くターゲットの種類も多いとは言えないが、季節や条件を吟味すれば釣果を十分に望める。港の横を流れる白狐川はハゼの魚影が濃くて数、型ともに期待できる。

シーズン

春 シロギスシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ。
夏 シロギスハゼクロダイシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ。
秋 カレイハゼクロダイシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ。
冬 カレイシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ。

釣り方・仕掛け

シロギス 投げ釣り、チョイ投げ。
カレイ 投げ釣り、チョイ投げ。
ハゼ 投げ釣り、チョイ投げ。
クロダイ ウキフカセ釣り、カゴ釣り、ヘチ釣り、ダンゴ釣り。
イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。
シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り電気ウキ
フッコ ルアー投げ釣りウキ釣り
アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー
ウミタナゴ ウキ釣りミャク釣りサビキ釣り
メバル ウキ釣りヘチ釣り、ミャク釣りサビキ釣りソフトルアー

コツ

アオリイカ】 先端付近は沈み根が点在しており広範囲に狙うと良い。各堤防先端部がポイント。

ポイント

【右堤防】 港内側に船が係留されており外側のテトラ帯が主な釣り座となる。
      メインターゲットはウミタナゴ、メバルだが濁りのある時や夜間はにはクロダイも望める。
      ただし堤防の付け付近は浅くて釣りにならないので注意。
【赤灯】 先端部と外側のテトラ帯が釣り座となる。
     沖は砂地で初夏~初冬にかけて投げでシロギス、イシモチが狙える。
     堤防の付け根から最初の角までは砂が推積して浅くなっており、
     外海が荒れた時はクロダイ、シーバスが入ってくることもある。
【小堤防】 白狐川対岸にある小堤防。行くには「十二天橋」を渡って入釣する。
      周囲には岩がが多いので海底も岩礁帯と思われがちだが沖は砂地となっており投げが楽しめる。
      初夏~初冬にかけてシロギス。冬場にはカレイが有望。
【城山下】 砂浜に磯が点在しており、その先端に釣り座を構えれる。
      足下付近は浅井が投げでシロギス、カレイが狙える。
      点在する沈み根に仕掛けを取られることもあるもののその分、良型が釣れる確率は高い。秋口にはイイダコも面白い。

豆知識

駐車スペースあり。

アクセス

館山道・君津ICを下車、国道127号線を館山方面へ、竹岡IC入り口の信号を右折。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。