【釣り場情報】勝山港

Googleマップで開く

勝山港(かつやまこう)

特徴

千葉県にある佐久間川河口の岬と鬼ヶ崎に挟まれた港。
港の正面には東京湾で2番目に大きい浮島が見える。
湾奥に位置するため風や波に強く、よほど大荒れでないかぎり竿をだすことが可能。
しかし、堤防外側はテトラで覆われており港内には船が多数係留されているのでその規模のわりに釣り座は少ない。
港の周辺は主に砂地で大小の沈み根や深みなどが変化に富んでおり、魚の寄りはすこぶる良い。
主なターゲットはクロダイ、シロギス、シーバス、アオリイカ、コウイカ。
狙えるターゲットが多く内房で釣れる魚はすべてつれるといっても良いほどだ。

シーズン

春 クロダイシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、アジシロギスアオリイカコウイカ
夏 アジシロギス
秋 クロダイシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、アジシロギスアオリイカコウイカ
冬 クロダイアオリイカコウイカ

釣り方・仕掛け

クロダイ ウキフカセ釣り、カゴ釣り、ヘチ釣り、ダンゴ釣り。
シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り電気ウキ
フッコ ルアー投げ釣りウキ釣り
アジ ルアーウキ釣りカゴ釣り、ルアー
シロギス 投げ釣り、チョイ投げ。
アオリイカ ウキ釣りエギング、ヤエン。
コウイカ エギング

コツ

アオリイカ】 根掛かりがきついがきちんと底を取ると良い。左右港堤防外側、船藤堤防、ミサゴ島がポイント。
【コウイカ】 港内にある小突堤がポイント。先端に常夜灯がありエギングで狙える。
【ウミタナゴ】 春が狙い目、足下に海藻が多いので5m前後のノベ竿を使うと釣りやすい。
        初夏~秋にかけて回遊するアジは夕マヅメ~夜間にかけてが狙い目となる。船藤堤防がポイント。

ポイント

【船藤堤防】 佐久間川河口にある。ここではウキ釣りでウミタナゴ、アジ。投げでシロギスが釣れる。
       エギングでアオリイカを狙う人も多い。
       日中は養魚場の船が目の前を通過するため邪魔にならないように注意が必要となる。
【白灯】 外側は長いテトラ帯が続きクロダイ、メバルの格好のポイントとなる。
     先端部以外は水際まで下りづらいのが難点。ウキでクロダイ、ソフトルアーでメバルが狙える。
     先端周辺は港内向きでも竿が出せ、ここではダンゴで狙う人が多く投げではシロギスも狙える。
     それほど遠投の必要も無いので女性、子供でも十分楽しめるポイントとなっている。
【赤灯】 外側のテトラは比較的に乗りやすく釣り座も多い。
     ウキでクロダイ、ルアーでシーバス、エギングでアオリイカが狙える。
     シーバス、アオリイカは小魚の寄り具合が釣果のパロメーターになる。
     内側は足場が良くてダンゴでクロダイ狙いをする人が多い、釣果のほとんどがカイズクラスとなる。
     まれに50cm級の大型もでるので侮れないポイントである。

豆知識

トイレ、駐車スペースあり。

アクセス

館山道・君津ICを下車、国道127号線から富津館山道に入り、鋸南富山ICで下車し国道127号線へ。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。