【釣り場情報】寄浦港

Googleマップで開く

寄浦港(よりうらこう)

特徴

千葉県の外房にある埋立地として造られた港。
足場、アクセスの良い人気釣り場で大型の青物回遊もある。
岩礁帯と海藻根が点在する複雑な海底地形の恩恵で多彩な磯魚が棲息することでも知られる。
特にアオリイカの魚影が濃いため厳寒期以外は釣り人絶えない人気釣り場である。

シーズン

春 アオリイカアジクロダイシーバスカワハギシロギスマゴチメジナメバル
夏 アオリイカアジ、イナダ、カンパチクロダイシーバスカワハギシロギスマゴチメバル
秋 アオリイカアジ、イナダ、カンパチクロダイシーバスカワハギシロギスメジナメバル
冬 メジナメバル

釣り方・仕掛け

アオリイカ ウキ釣りエギング、ヤエン。(夜釣り有利)
アジ ウキ釣りカゴ釣り、サビキ釣り
イナダ カゴ釣り、ルアー
カンパチ カゴ釣り、ルアー、アジの泳がせ釣り(ウキ付き)。
クロダイ ウキ釣りミャク釣りヘチ釣り、投げ釣り、ダンゴ釣り。
シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り。(夜釣り有利)
カワハギ ヘチ釣り、ミャク釣り投げ釣りサビキ釣り
シロギス 投げ釣り、チョイ投げ。
マゴチ 投げ釣りルアー
メジナ ウキ釣りカゴ釣り、ヘチ釣り、サビキ釣り
メバル ウキ釣りサビキ釣りヘチ釣り、ミャク釣りソフトルアー

コツ

アオリイカ】 点在する海藻周辺を狙う。
カンパチ】 ベイトが多く見られたり、ナブラがたつような時であれば、大チャンス。朝マズメ夕マズメに期待。

ポイント

【船揚場左岸壁】 マイカーを横付けして釣りが楽しめ人気の高いポイント。
         水深は5m前後だがカジメ林が点在しアオリイカ、クロダイ、メジナ、アジ、メバルなど魚影は濃い。
         ウキ、サビキ、ヘチ、カゴなど釣り方は自在。
         港外側はテトラポッド上からの釣りとなるため足場は悪い。
         ウキでクロダイ、メジナが高確率で釣れる。潮が当たり秋口からはルアーでイナダ、カンパチを狙う釣り人も多い。
         小魚を泳がせてマゴチ、ヒラメの一発大物狙いも面白い。
【船揚場右岸壁】 足場は良好で漁船が係留されていなければ竿を出せる。
         水深は左角以外は約4mの水深があり、ヘチでメバル、ウミタナゴ、カサゴなどが釣れる。

豆知識

港の右側から延びている堤防は立入禁止エリア。
駐車スペース:港内に駐車スペースあり。
トイレ:港内周辺にはない。

アクセス

館山道・市原ICを下車、国道297号線を経由し、国道128号線から港へ。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。