【釣り場情報】串浜港

Googleマップで開く

串浜港(くしはまこう)

特徴

小さな港だが黒鯛の実績が高く、秋になるとダンゴ釣りの釣り人で賑わう。また、あまり知られていないが初夏~秋にかけてはチョイ投げでシロギスも狙える。他には夏場はカゴ釣りでアジも釣れる。

シーズン

春 クロダイシロギスアジ
夏 クロダイシロギスアジ
秋 クロダイシロギスアジ

釣り方・仕掛け

クロダイ ウキフカセ釣り、カゴ釣り、ヘチ釣り、ダンゴ釣り。
アジ ルアーウキ釣りカゴ釣り、ルアー
シロギス 投げ釣り、チョイ投げ。
シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り電気ウキ
フッコ ルアー投げ釣りウキ釣り
アオリイカ ウキ釣りエギング、ヤエン。

コツ

アオリイカ】 点在する根や岩礁帯の切れ目を探る。東西堤防がポイント。
【アジ】 左堤防の沖向きをカゴで狙う。
     遠投するよりも30~40m地点に繰り返し仕掛けを入れてポイントを作る、
     潮目ができているならその潮目の縁を流すのも効果的。
【シロギス】 左堤防の中央付近ではチョイ投げで狙う。
       海底が見えるほど浅いため狙う人はあまりいないが早朝は潮位の高い時間帯は良く釣れる。
       着水音で群れを散らさないように10号以下の軽いオモリを使うのがコツ。
       沈み根が多いのでハリ数は2本程度に抑えたほうが良いだろう。

ポイント

【左堤防】 先端は船道、沖向き、テトラ向きどこでもクロダイが狙えるが特に実績が高いのは船道側。
      船道では秋は良型混じりでカイズの数釣りが楽しめる。沖向きはカゴでアジ狙いが良い。
      テトラ堤向きはシロギスがおすすめ、狙い目となるのはテトラ堤の右側。
      小さな沈み根が点在しているので時々根がかりすることもあるがこの沈み根が海底にアクセントを与え
      大ギスを寄せているほか良型のカワハギが掛かる事もしばしばある好ポイント。
      釣り人がいなければ正面沖から平島方向までの範囲を狙っても良いがあまり右へ投げると根がかりするので注意。
      中央付近ではチョイ投げでのシロギスのポイントとなっている。
【右堤防】 足下は浅い岩礁帯となっており釣りになるのは先端部のみ。
      左堤防の先端と同様で秋はダンゴで船道を狙うとクロダイが釣れる。
      春はウキでハエ根の切れ目を狙うと良型のクロダイがヒットする。

豆知識

トイレ、駐車場なし。

アクセス

館山道・市原ICを下車、国道297号線を経由し、国道128号線から港へ。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。