【釣り場情報】白間津港

Googleマップで開く

白間津港(しらまづこう)

特徴

南房の海岸沿いを走る房総フラワーラインの千倉大橋下に位置する港。南房でも潮通しの良い釣り場。
陸地に向かって大きく掘りこまれた形状をしているためか規模のわりに訪れる釣り人は少なくのんびりと釣りを楽しめる。
冴えない見た目に反して過去の実績は高く、秋~春のメジナは1kg超えもザラにある。
カゴ釣りのアジも良型が釣れることで知られ、クロダイ、シーバス、イシダイなども狙える。
いずれのターゲットもポイントは船頭に集中している。

シーズン

春 アジメジナシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、イシダイ
夏 アジメジナイシダイ回遊魚
秋 アジメジナクロダイシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、イシダイ回遊魚
冬 メジナシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ。

釣り方・仕掛け

アジ ルアーウキ釣りカゴ釣り、ルアー
メジナ ウキ釣りカゴ釣り、サビキ
クロダイ ウキフカセ釣り、カゴ釣り、ヘチ釣り、ダンゴ釣り。
シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り電気ウキ
イシダイ 投げ釣り、ブッコミ釣り。

コツ

アオリイカ】 点在する根や海藻を探る。
【クロダイ】 南房千倉大橋公園の堤防ではハエ根の先に落ち込みがポイントとなる。
       竿1~2本先にコマセを効かかせウキフカセ、ダンゴで狙う。
【メジナ】 南房千倉大橋下では外海が荒れ気味の日が良く、船頭の中央付近にある沈み根周りで良型がヒットする。
      ナギ日は25cm前後とサイズダウンするものの数釣りは有望。
【アジ】 南房千倉大橋下では日没後に食いが立つことが多くメジナ狙いのウキフカセでも頻繁にアタってくる。
     専門に狙うならカゴが有利となり船頭の中央を流して狙っていくのがおすすめ。
     日没後はサビキでも食ってくるが時間のケイカとともに食いが渋くなる傾向にある。
     そんなときは1~2本針の吹流し仕掛けが有効、アオイソメやバイオワームなどを付けエサにすると良い。

ポイント

港内の奥は足場は良いものの潮の循環が悪いためか釣果はあまり期待できない。
【南房千倉大橋公園】 公園の磯から延びた堤防が船頭を狙うポイントとなる。
           岩礁の上に造られた堤防なのでクロダイ狙いに良いポイント。
           外道でアイゴ、サンノジ、ボラなど引きの強い魚が掛かるためそれなりに楽しめる。
【南房千倉大橋下】 堤防&小磯が船頭を狙うポイントとなる。メジナ、アジがメインターゲット。
          ウキ下は3~5mが基準で磯際の底付近をさぐるとカワハギが釣れることも多い。
          専用の胴付き仕掛けで狙ってみるのも面白い。
【魚市場前】 魚市場前にある護岸で足場良い。水温の高い時期はコマセに小メジナや小型回遊魚が群がる。
       ウキ、サビキで狙っていくのが良い。夜間に小アジの回遊も見られるので日没後に粘ってみてお土産を追加しても良い。

豆知識

【魚市場前】で水揚げ作業が行われている時は邪魔にならないように注意しよう。
トイレ、駐車スペースあり。

アクセス

館山道・君津ICを下車、国道127号線から富津館山道に入り、鋸南富山ICで下車し国道127号線を勝山方面へ。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。