【釣り場情報】白子港

Googleマップで開く

白子港(しらここう)

特徴

千倉南海岸、瀬戸浜海岸、三島海岸と長い砂浜海岸などのサーフに囲まれた中ほどにある港。
南房では中規模の港ながら国道から外れているためにちょっとした穴場となっている。
港の北側は和田まで続く長い砂浜、南側は瀬戸浜新堤へと続く岩礁混じりの砂地となっている。
一帯は瀬戸川から流れこむ真水の影響で常に濁りが入っているのが特徴だ。
主なターゲットはクロダイ、シロギス、メジナ、。

シーズン

春 クロダイメジナウミタナゴシロギス
夏 クロダイシロギス
秋 クロダイシロギス
冬 クロダイメジナサヨリウミタナゴ

釣り方・仕掛け

クロダイ ウキフカセ釣り、カゴ釣り、ヘチ釣り、ダンゴ釣り。
シロギス 投げ釣り、チョイ投げ。
サヨリ ウキ、投げサビキ
メジナ ウキ釣りカゴ釣り、サビキ
ウミタナゴ ウキ釣りミャク釣りサビキ釣り

ポイント

ハナレ堤防までとの間の船道がメインポイントとなる。
【イケス】 クロダイ、メジナの実釣が高いポイント。遠投でサヨリ。左側堤防からテトラを伝って降りる必要がある。
      船道は満潮時で5mほどの水深があり潮が比較的安定して払出していく、岩場のすぐ近くでアタってくる事も多い。
【港内】 挽夏~初冬にかけてカイズが狙え、外海が荒れた日には数釣りを楽しむことが可能となっている。
     ポイントとしては港内の荷上場付近で船揚げ用のスロープの切れ目を狙うと良い。
     濁りがある日などはスロープ上の浅瀬でも食ってくる。
【石積み堤】 冬~春にかけてクロダイ、メジナの良型が釣れる。
       潮はハナレ堤防との間を右から左に抜けていくケースが多く、先端左側が好ポイント。
       海女の漁時期(5~9月)は釣り禁止なので注意が必要。
【瀬戸浜新堤】 港から瀬戸川を挟んだところにあり、メジナ、クロダイ、サヨリ、シロギスと豊富な魚種を狙える。
        堤防周辺はテトラで囲まれていて足場も悪いので単独での釣行などは避けるようにしよう。

豆知識

【石積み堤】は石造りの細い堤防から近年の改修工事のおかげで広くて足場がしっかりしたポイントへと生まれ変わった。
【瀬戸浜新堤】のすぐ近くのハナレ堤防(瀬戸浜堤防)に入釣するにはウェットスーツやウェーダーが必要となる。
白子港は港内に車を乗り入れることができない、周辺の道は狭く迷惑駐車になりやすい。
ちなみに小屋前の空き地が駐車スペースとして利用されている。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。