特徴

シラス漁や沖釣りの基地として知られている広大な港。堤防でも四季折々の魚を狙える釣り場。

主なターゲットは投げでイシモチ、シロギス、アナゴ、ハゼ。ルアーでシーバス、ヒラメ、メッキ。ウキでクロダイ、小メジナ、小型のサヨリ。

アイナメ、カサゴなどの根魚のほかシリヤケイカなども人気が高い。

シーズン

春 アイナメイシモチアナゴシリヤケイカシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ。
夏 アイナメイシモチアナゴシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ。
秋 アイナメハゼアナゴシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ。
冬 アイナメシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ。

釣り方・仕掛け

アイナメ 投げ釣り、チョイ投げ、ミャク釣りヘチ釣り、ルアー
ハゼ 投げ釣り、チョイ投げ。
イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。
シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り電気ウキ
アナゴ 投げ釣り、チョイ投げ。(夜釣りが有利)
シリヤケイカ エギング
シロギス 投げ釣り、チョイ投げ。
アナゴ 投げ釣り、チョイ投げ。(夜釣りが有利)
ヒラメ 投げ釣り、ブッコミ釣り、ルアー
メッキ ルアーヘチ釣り、サビキ釣り
クロダイ ウキフカセ釣り、ヘチ釣り、ブッコミ釣りウキ釣りカゴ釣り。
メジナ ウキ釣りヘチ釣り、カゴ釣り、サビキ釣り

ポイント

いずれの魚種でもナギ日が狙い目でシケの日は望み薄。特に底荒れを起こしてしまうと港内でしか釣りにならないので釣行前に現地の状況を確認するように心がけたい。

【大堤防】

外側は大型のテトラの上から竿を出すことになる。一帯は潮通しが良いので投げ釣りでのイシモチの好ポイント。ポイントはかなり手前なので朝夕のチョイ投げで釣れる時もあるので投げ竿ではなく硬めの磯竿で狙う人もいる。

夏~秋にかけては潮が澄んだ時にシロギスが狙えるが専門に狙う人は少ない。

堤防先端のテトラ周りではルアーでシーバスを狙える。9~11cmのミキシングミノーの実績が高い。

テトラ際から20cmまでの範囲が狙い目。足場が高いので5m以上の玉ノ柄が必要。テトラは足場が非常に悪いのと少しでも荒れると波を被るために釣りはナギ日限定となる。

右の白灯からも狙える船道側はシリヤケイカの好ポイント。足下をエギやトトスッテの胴つき仕掛けで足下を攻めると良い。調子がいい時には200~500g前後が20~30杯と楽しめ外道でマダコがくることもある。

ナギの澄み潮が条件で朝夕のマヅメに集中している。

船道のカケアガリ部分ではヒラメが釣れて過去には60cm級も上がっている。ジグヘッド、ワームで丹念に攻めよう。

足下付近はイワイソメエサを使ってヘチでアイナメ、シマダイなどが釣れる。

夏場には小型のカンパチ、冬場にはエンピツサイズのサヨリが回遊してくることがある。サヨリは付けエサ、コマセともにアミエビを用いてノベ竿で釣ると良い。

【港内】

夜釣りのアナゴが面白い、餌はアオイソメで十分だがシャコが多いので多めに持参すると良い。まれに1kgのキビレが食ってくることもある。

港内の奥では秋口にハゼの数釣りができる、8月下旬ぐらいからが狙い目となる。

ノベ竿よりリール竿のチョイ投げで攻めたほうが釣果の伸びが良い。エサはジャリメ、アオイソメ。

ライトタックルのルアーだと日中はメッキ、夜間はシーバスが楽しめる。ルアーは小型のほうが反応が良い、5cmのミノーや1~2インチのワームが良い。

【テトラ帯】

ウキフカセでカイズ、小メジナが釣れる。浅場なので満潮前後が狙い目。夕方以降だとイワイソメを使ったカサゴが面白い。

豆知識

トイレ、駐車スペースあり。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。