砂取港(すなとりこう)

特徴

浅い岩礁帯に囲まれた小さな港千葉県の内房でも潮通しの良い釣り場。
港内外ともに水深はかなり浅い、そのため少しの風波でも砂が巻き上げられて濁りが入りやすい。
この濁りがクロダイやメジナの活性を上げてくれている。

シーズン

夏 クロダイ
秋 クロダイウミタナゴ
冬 メジナクロダイサヨリウミタナゴ

釣り方・仕掛け

メジナ ウキ釣りカゴ釣り、サビキ
クロダイ ウキフカセ釣り、カゴ釣り、ヘチ釣り、ダンゴ釣り。
サヨリ ウキ、投げサビキ
ウミタナゴ ウキ釣りミャク釣りサビキ釣り

コツ

アオリイカ】 点在する根や海藻を探る。
【ウキ釣り】 右手いでやる場合はポイントは足下にある古い堤防の際、船頭、対岸の堤防の際などになる。
       ただ、どこを狙うかはその日の潮の流れを見て極める必要がある。
       流れの先にある根の際はコマセが溜まりやすい好ポイントとなる。

ポイント

【右堤防】 堤防の先端はクロダイ、メジナ、ウミタナゴなどを周年狙え、冬場にはサヨリ釣りも楽しめる、
      比較的波にも強く、堤防の中程を波が超えるような荒れ模様でも波をかぶりにくい。
      ただし、南西風の強い日は堤防に当たった波シブキをまともに浴びてしまうこともあるので無理はしないようにしてほしい。
      通常は先端が本命の釣り座だが沖に払い出す潮が右沖に流れる日は中央のほうが有利となる。
      中央では高い堤防にの上から外側を狙う、足下は浅いので少し沖目に仕掛けを投げるほうが良い。
      古い堤防の沖側から船頭にかけて仕掛けを流し込むのが良く沖にある岩や沈み根周辺でアタリがでることが多い。
【中央堤防】 濁りのある時にクロダイが狙える、堤防が低く海が荒れると足下を足が洗うので無理をはしないでほしい。

豆知識

港は道路のすぐ脇にあり、さほど歩くことなく気軽に入釣できる。
3本ある堤防のうち沖に向かって一番左の左堤防は途切れ途切れになっていて入釣できない。
残念なことだが房総の港は港内の迷惑駐車やゴミの放置が問題で釣り禁止になってしまった場所も多い。
そんな港を増やさないためにも漁業関係者の邪魔になるような行為は慎み、ゴミなどの最低限のマナーを守って釣りを楽しんでほしい。
駐車スペースあり。

アクセス

館山道・君津ICを下車、国道127号線から富津館山道に入り、鋸南富山ICで下車し国道127号線を勝山方面へ。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。