興津港(おきつこう)

特徴

興津湾の湾口に位置する多彩な釣り場のある港。
釣り場は【外堤】、【テトラ堤】、【魚市場前】の3ヶ所に分けられる。
主なターゲットはアジ、クロダイ、メジナ。サヨリ、イシダイ、カンパチなどの回遊魚の実績もある。

シーズン

春 クロダイアジシロギスウミタナゴ
夏 アジシロギスイシダイウミタナゴ
秋 クロダイメジナアジシロギスイシダイウミタナゴ
冬 クロダイメジナアジウミタナゴ

釣り方・仕掛け

クロダイ ウキフカセ釣り、カゴ釣り、ヘチ釣り、ダンゴ釣り。
アジ ルアーウキ釣りカゴ釣り、ルアー
メジナ ウキ釣りカゴ釣り、サビキ
シロギス 投げ釣り、チョイ投げ。
イシダイ 投げ釣り、ブッコミ釣り。
ウミタナゴ ウキ釣りミャク釣りサビキ釣り
アオリイカ ウキ釣りエギング、ヤエン。

コツ

アオリイカ】 朝夕のマズメ時や潮回りによってポイントを変えると良い。港内の各堤防がポイント。

ポイント

【外堤】 曲がり角付近は干潮時には海底が露出してしまうほど浅い岩礁帯だが堤防と平行にミゾが走っている。
     ミゾは魚の通り道になっておりメジナ、クロダイの有望なポイントとなっており、ともに40cm超えが期待できる。
     台風後や波があってウキでは仕掛けの落ち着きが無い時はイワイソメをエサにブッコミで狙っても面白い。
     先端部は人気ポイントで竿下の水深は満潮時で約7mある。ここではダンゴでクロダイが狙える。
     他には冬~春にかけてサヨリ、春~秋にかけてはイシダイ、夜釣りでアジが狙える。
     特にアジは数釣りが楽しめるのが魅力。イシダイはポイントは先端から真沖に50mほど投げた所となる。
     夏場の早朝は回遊魚も回ってくるのでルアーで狙うと面白い。
【テトラ堤】 駐車場前から延びるテトラ堤。付け根付近は潮通しが悪いので堤防中央から先端にかけてがポイントになる。
       クロダイ、メジナがメインだが先端~湾の沖中央に向けて投げるとシロギスも狙える。
       クロダイ、メジナは内側、外側どちらでも狙えるため風向きによって釣り座を選ぶことができる。
       足下~10m以内を探りテトラの中から魚をコマセでおびき出そう。
【魚市場前】 足場良く駐車場から近いため家族連れで楽しめるポイント。
       アジ、ウミタナゴ、小メジナなどが釣れて秋にはダンゴでカイズが狙える。

豆知識

漁協前の護岸は釣り禁止エリアとなっている。
トイレ、有料駐車場(500円)あり。

アクセス

館山道・市原ICを下車、国道297号線を経由し、国道128号線から港へ。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。