石小浦港(いしごうらこう)

特徴

国道127号線の小浜トンネルと南無谷トンネルの間にある細かい道を入ると行き着く小さな港。
入り口もわかりにくいのでまさに穴場となっている。
周囲を浅い岩礁帯に囲まれ水深が浅く満潮時以外は釣りにならない。
しかし、船道だけが少し深くなっており沖からこの溝を伝ってクロダイなどの魚が入ってくる。
周囲では珍しく堤防の周りにテトラが入っておらず非常に釣りがしやすい。
主なターゲットはクロダイ、ウミタナゴ、メバル。他には数は少ないが大型のシロギスが狙える。

シーズン

春 クロダイ、カイズ、メバルシロギス
夏 クロダイ、カイズ、メバルシロギス
秋 クロダイ、カイズ、メバルシロギス
冬 クロダイ、カイズ、メバル

釣り方・仕掛け

クロダイ ウキフカセ釣り、カゴ釣り、ヘチ釣り、ダンゴ釣り。
シロギス 投げ釣り、チョイ投げ。
メバル ウキ釣りヘチ釣り、ミャク釣りサビキ釣りソフトルアー
ウミタナゴ ウキ釣りミャク釣りサビキ釣り
アオリイカ ウキ釣りエギング、ヤエン。
シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り電気ウキ

コツ

アオリイカ】 遠投して根掛かりに注意しながら沖の海藻帯を狙う。堤防先端部から外側がポイント。
【クロダイ】 盛期は春、秋。春の乗っ込み期にはウキフカセで大型が期待できる。
       エサ取りが多い秋はダンゴ釣りで狙うと良い。
       春ほどの大型は望めないが、そのぶん数がでて特に台風などで荒れた後は狙い目となっている。
【メバル】 最近は専門で狙う人も増えてきて大型は減ってきたが春の夜釣りが面白い。
      堤防の外側はもちろんだが港内の堤防際などにも潜んでいるので細目に探りあるくと良い。
      お手軽に楽しむならソフトルアーがおすすめで堤防周り以外にも港の右側に広がる地磯も狙い目。
【シロギス】 船道の砂地は狙う、日中も釣れるが夜釣りでジャンボギスを狙うの良い。
       岩礁帯の中の狭い砂地を狙うので通常のシロギス釣りのようにサビくとすぐに根がかりしてしまう。
       置き竿でシロギスが回遊してくるのを待ち伏せするスタイルがベスト。
       夜釣りでシロギスを狙っているとクロダイ、シーバスなどの大型げ等が
       ヒットすることも多いのでハリスは太めが良い。

ポイント

【堤防】 周辺が浅いため釣り座は先端に限られてしまう。
     2段ある足場のうち外向き上段のうほうが攻れる範囲は広く有利。
     左角に釣り座を構えられればベストで定員は3人程度。
     すぐ沖にあるテトラ場からも同じポイントを探れる。
     テトラ場へは堤防の付け根からウェーダーを着用して渡る必要がある。

アクセス

館山道・君津ICを下車、国道127号線から富津館山道に入り、鋸南富山ICで下車し国道127号線を館山方面へ。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。